PR

「いい匂い」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「いい匂い」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

匂いは五感の中で一番目立ちませんが、食べ物の味に影響したり、エチケットに必要だったり、生活を豊かにしてくれる感覚です。

「いい匂い」の場合、スピリチュアル的にも大きな意味を持ちます。

ここでは、「いい匂い」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「いい匂い」のスピリチュアルでの象徴や意味

嗅覚に関する言葉はあまり多くはなく、色や明るさなどに様々な言葉が作られている視覚と対照的です。

一方、言語化される事は、型にはめられる事でもあります。

つまり言語ではっきり表せず、主観そのままで好き嫌い、良い悪いが判断される嗅覚は、より原初的、本能的な感覚と言えます。

「いい匂い」と人が感じる時は、魂がそれを好ましいものと感じている状態です。

それは実体を持たない、天使のようなあなたが思う「良い」存在が顕れている場合もあります。

逆に悪いものが顕れる場合「生臭い風」「瘴気」などと表現される、悪臭を伴う場合があります。

「いい匂い」のスピリチュアルメッセージ

「いい匂い」を感じた時の強さや方向、感情などにメッセージは顕れます。

何が「いい匂い」なのか、本当に匂いがしたのか、という部分については、あなたの主観次第です。

「いい匂い」のスピリチュアル的な解釈

「いい匂い」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「いい匂い」いい意味での解釈

「いい匂い」がした時、温かな気分、嬉しい気持ち、肩の荷が下りたような感覚、包まれる感じ、柔らかな羽に身を預けている感覚などがあれば良い意味です。

それが具体的に匂いを出しているものなら、あなたにとって概ね好ましいものです。

どこから香っているのか分からない場合は、あなたの近くに良い存在がいます。

すなわち守護霊や、あなたが信じる神からの使いです。

このような時、あなたは守られており、これから取り組むものは上手く進むでしょう。

「いい匂い」悪い意味での解釈

「いい匂い」がした時、最初は心地よいものの、妙に鼻の奥に残り、頭がぼんやりしてくる、非常に匂いが強く他の匂いが感じられない、不安感や寒気を伴うといった場合は悪い意味です。

多くの場合、それは実態を隠すための匂いです。

実在するものの場合、低品質を隠すもの、実在しないものの場合、悪霊などが擬態しています。

このような時は、匂い以外の感覚にも意識を向けましょう。

どこかに綻びが出ている事に気付いたら、その場を離れましょう。

匂いがいつまでも残り、悪いものが付いて来ている感じがするなら、シャワーで身体を洗い流す事が、禊ぎになります。

まとめ

「いい匂い」は、魂がそう判断している、原初的な感覚です。

通常、良い意味であり、神の使いなどが訪れている場合もあります。

悪い意味としては、悪いものが擬態している状態です。

離れても付いてくる場合は、シャワーに禊ぎの効果があります。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする