「えっとが口癖な人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「えっとが口癖な人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

身近なところに「えっと」「えーと」などが口癖になってる人がいませんか。

これはつなぎ表現(フィラー)の一種ですが、日常ならともかく仕事上で頻繁に使われると問題視されることもあるようです。

えっとが口癖の人が持っている、意外なスピリチュアルな影響について考えてみることにしましょう。

「えっとが口癖な人」のスピリチュアルでの象徴や意味

えっとは思考中や迷っていること、言葉が思い浮かばない時の、象徴的なつなぎ言葉となっています。

そして一般的にえっとが口癖になっている人は、話し下手な印象が付いてしまうものです。

人によってはえっとを多用しすぎて場の空気を乱し波動を下げ、話し相手に不快感を与えてしまうことになります。

つなぎ言葉が多くなってしまう日があるならは、ストレスや疲労などで頭の回転が鈍っていることが影響するようです。

しかし意外なことにえっとを時々入れたほうが、聞きやすくなる効果が出るとの調査結果もあります。

例えば時々言葉の最初にえっとを入れることで、ワンクッションとなり話が柔らかな印象になるとのことです。

「えっとが口癖な人」のスピリチュアルメッセージ

もしも身近にえっとが口癖な人がいるなら、「周囲の雰囲気の悪化に気をつけて」「上手な話し方を考えて」というメッセージです。

会話方法の改善が必要かもしれません。

「えっとが口癖な人」のスピリチュアル的な解釈

どんなふうにエットが口癖の人に対処するかで、運勢や居心地は良くも悪くも変わるものです。

正しい対処をすればよいですが、間違った対処をすると問題をこじらせることにもなりかねません。

「えっとが口癖な人」いい意味での解釈

仮にえっとが口癖でも、聞き上手だったり持ち上げ上手だったり面白かったりすると、話し相手の気持ちに不快感が生まれづらくなります。

会話上のマイナスな空気を消すには、プラスの作用を付け加えれば良いということです。

また完全にえっとなどフィラーを解消したいなら、口癖になっている人も含めて大勢で議論をすることが効果的です。

そうすると無意識的な多用を防ぎ、効果的につなぎ表現を使うことに繋がって行きます。

「えっとが口癖な人」悪い意味での解釈

あまりにえっとなどのつなぎを多用し過ぎるは、その場をマイナスな空気で満たしているかもしれません。

問題点を指摘する人が誰もいないことも、トラブルを膨らませてしまう原因になってしまいます。

またえっとなどつなぎ表現に対しあまりに怒る人もネガティブな意識が強すぎ、周囲の波動を低下させる存在となってしまうので注意が必要です。

まとめ

時々いるえっとが口癖な人は、周囲の雰囲気に気をつけたり、話し方の改善をすべきというメッセージになっていました。

つなぎ表現を多用してしまう状態は問題ですが、効果的に使うと聞きやすい印象にもなるようです。

えっとなどの口癖については、複数で集まって議論してみたいです。

タイトルとURLをコピーしました