PR

「おならが止まらない時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「おならが止まらない時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

おならは、誰でも出すものですが、しばしばマナーに触れるとされ、場所を選びます。

そんな「おならが止まらない時」は、スピリチュアル的に何か意味があるのでしょうか。

ここでは、「おならが止まらない時」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「おならが止まらない時」のスピリチュアルでの象徴や意味

おならは、食事や呼吸で採り入れた空気や、大腸で食物が分解される時に出たガスの混じったもので、通常1日10リットルほどの量が放出されています。

それが止まらないのは、食物繊維の取りすぎ、食生活の偏り、腸内環境の乱れ、ストレスや睡眠不足など、複合的な要因があります。

スピリチュアル的には、おならは穢れを捨て、気の流れを整えるものです。

これが止まらないほど連発されるのは、穢れが大きいか、継続的に生じている事を意味します。

「おならが止まらない時」のスピリチュアルメッセージ

おならが止まらないと自覚した時の感情に、メッセージは顕れます。

音の有無や回数、長さの基準などはなく、あなたがそう認識する事がメッセージです。

尚、疾病が原因で止まらない場合もあるため、生活に支障が出ている場合は受診しましょう。

スピリチュアル面を改善しても、なってしまった病気は治癒しません。

「おならが止まらない時」のスピリチュアル的な解釈

「おならが止まらない時」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「おならが止まらない時」いい意味での解釈

おならが止まらないと感じるけれど、一時的なもので繰り返さない、すっきりした感じ、もやが晴れた感覚、その後の調子は良い、といった場合は良い意味です。

あなたの運気を滞らせていた穢れが、上手く排出され、調子を取り戻せています。

止まらないと思う程出たのは、何かに一時的に頑張り過ぎて穢れの量が多かったからで、本質的には通常のおならと変わりません。

「おならが止まらない時」悪い意味での解釈

病気などの診断は受けていないけれど、おならが止まらないと感じ、それが何日も繰り返され、恥ずかしい気持ちが強く、人前に出たり、誰かと一緒にいるのが嫌になり、人との関わりが減って、閉じこもりがちという場合は悪い意味です。

あなたの生活の中に、ストレス源となる人や生活習慣が割り込んでいます。

ストレスは穢れを生じ、運気を低下させます。

閉じこもりがちになってしまうと、発散する場が減り、一層穢れが蓄積するのです。

このような時は、ストレス源になるものと距離を取りましょう。

そして、散歩など、人と関わらない外出によって、穢れを発散する機会を持てば、運気は良い循環に戻っていくでしょう。

まとめ

「おならが止まらない時」は、身体的な理由の他に、穢れが多く生じている場合があります。

良い意味としては、一時的に頑張りすぎて穢れが出たけれど、充分浄化出来た状態です。

悪い意味としては、ストレス源となる人や生活習慣がある状態です。

このような時は、ストレス源から離れ、人と関わらない外出機会を持ち、穢れを発散していきましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする