「おみくじが凶の場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「おみくじが凶の場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ある時にどこかの神社にお参りに行ったら、おみくじを引いてみたくなる人は多いようです。

しかしおみくじで凶が出てしまった場合は、とても残念な気持ちになってしまいます。

おみくじに振り回されるのは良くないですが、ではスピリチュアルな視点でみたら、おみくじの凶をポジティブに見ることはできるのでしょうか。

「おみくじが凶の場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

時は平安時代、両現状人によっておみくじが始められました。

以来おみくじの結果とは、神さまの助言の象徴的なものです。

凶という結果には、縁起が悪いとか不運といった意味が付いています。

しかしおみくじの凶運は本来は現時点の運勢を占うものであり、今後不運になっていくとか、凶運が永遠に続くという意味ではありません。

運気とはわずかな時間で変わっていくものであり、そのため仮に引き直しをしてみれば良い結果が出るのも普通のことです。

「おみくじが凶の場合」のスピリチュアルメッセージ

もし訪れた神社で凶が出た場合、「気を引き締めて行動してね」という神社の神さまからのメッセージになっています。

残念ながら結果が凶であっても神さまの助言であるので、決して悲観的になる必要はありません。

「おみくじが凶の場合」のスピリチュアル的な解釈

おみくじの扱い方や解釈によっては、凶であっても幸運の印に変えることもできます。

その方法は幾つかあるので、ぜひ覚えておくのがよいです。

また凶が影響してよくないことに繋がる場合もあるので、それも合わせて知っておいてください。

「おみくじが凶の場合」いい意味での解釈

その神さまから助言を貰えてありがたいと思う気持ちが、凶運を乗り越えさせてくれるでしょう。

凶の結果だとしても、そのおみくじは財布などに入れておくとよいと言われます。

もし引いたおみくじが凶だった場合、境内の木やヒモに結びつける風習は無視できません。

これは産霊(結び)の神さまの力で悪運を祓えることが理由であるので、ぜひ試してみるとよいです。

凶のおみくじを利き手と反対の手で結ぶと、凶が吉に変わると言われています。

例えば右利きなら主に左手を使って結びつけるとよいです。

「おみくじが凶の場合」悪い意味での解釈

何だか凶じゃ嫌だから、もう一回引きたいと思うかもしれませんね。

しかしおみくじの引き直しは、神さまに不満を訴えているのと同じです。

その日のうちに2度連続で引くと、返って罰当たりなことになります。

もう一度引きたいなら日を改める必要があるでしょう。

まとめ

参拝にお出かけした神社でおみくじが凶だったら、気を引き締めて行動すべしという神さまからのメッセージでした。

凶だと残念ではありますが、その時点で限定の結果です。

神さまからの助言だと思えばありがたいものでしょう。

タイトルとURLをコピーしました