「お客さんが来ない場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「お客さんが来ない場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いつも仕事をしていると、何故か客の入りが悪いと感じる時がありますよね。

それは1日だけならよいですが、数日も続くと経営が心配になってしまいます。

実はお客さんが来ない場合には、経営方法が悪いだけでなく、スピリチュアルなことが影響している場合が多いようです。

「お客さんが来ない場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

一般的にお客さんが来ないことの理由には、宣伝方法が悪いとか、実力や魅力がないとか、客が求めるものを提供していなかったりすると考えられています。

しかしスピリチュアル的に言うと、お客さんが来ないのは引き寄せの法則と真逆の「追い払いの法則」が発動してしまっている状態です。

お店の魅力が低下しているというのは、言い換えるとお店や店主から近寄りがたいオーラが出ていることを意味しています。

病気になっていたり、人に対する悪意も影響します。

今日は仕事したくないとか、不愉快な思いばかり抱えながら仕事をしてもそれが反映してしまうでしょう。

「お客さんが来ない場合」のスピリチュアルメッセージ

そのためいつもよりお客さんが来ない現象が発生したら、「あなたのネガティブなものが人を寄せ付けなくしているよ」というメッセージになっています。

同時に「商売からネガティブなものを排除して」というアドバイスが与えられている状況です。

「お客さんが来ない場合」のスピリチュアル的な解釈

普段よりお客さんがいない状況であっても、それをプラスに捉えることもできる場合もあります。

今のお客さんが来ない状況を、よく見て問題点を洗い出すことが大切です。

「お客さんが来ない場合」いい意味での解釈

もし特定のお客さんだけが来なくなったなら、人とのつながりが途切れたとは言ってもまだ軽症です。

ネガティブを排除することで、新たなお客さんを得ることもできるでしょう。

お客さんが少ない中、問題点を指摘されたなら不快かもしれませんが、実はそれはとても良いお知らせです。

すぐに指摘されたところの改善に取り組むことで、お客さんを呼び戻せるようになります。

「お客さんが来ない場合」悪い意味での解釈

もしお客さんがいもより激減してそれが長引くなら、お店や店主に何かのネガティブなものが溜まって表面化していると考えられます。

問題点を直視して荒療治をしなければ、元に戻ることが難しくなってしまうでしょう。

まとめ

ある日急にお客さんが減る状態になったら、それはネガティブなものが溜まっていることや、それを排除すべきというメッセージでした。

頑固にこれまでのやり方を続けてもよいですが、悪いものをデトックスしたり、変化や脱皮を追求してもよさそうですね。

タイトルとURLをコピーしました