「お皿が真っ二つに割れた時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「お皿が真っ二つに割れた時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ふとした瞬間にお気に入りの食器が、ガシャンと割れることがあります。

お皿が真っ二つに割れた時のジンクスを見ていきましょう。

「お皿が真っ二つに割れた時」のスピリチュアルでの象徴や意味

食べた後の食器を片付けようとして、うっかり手が滑ることもあります。

落ちた皿がきっちり半分ずつに分かれていると、嫌な気持ちになります。

スピリチュアルの世界でお皿が真っ二つに割れた時は、幸せのサイン。

下に落ちた皿は「あなたのネガティブな気持ち」をあらわしています。

折り目正しく二つに割れたことによって「厄落としができた」と、あなたに分かりやすく伝えようとしています。

不運や不浄は綺麗に落ちたので、明日から新しいあなたとして生まれ変わっていけます。

禊ぎが終わったサインなので、清らかな気持ちで進んでみてください。

「お皿が真っ二つに割れた時」のスピリチュアルメッセージ

下に落とした皿が、半月のように二つに割れることがあります。

このような兆候は「良いエネルギーが循環している」お知らせです。

怒り、悲しみ、憎しみ、後悔。

私たちは色々な負の感情をためこんで、日々を生活をしています。

こうしたマイナスの感情をうまく処理できないと、体や心の調子が傾いてしまうことがあります。

あなたの大切な皿が割れてしまったのは、積もった「マイナスの感情」を手放すため。

明るく前を生きていくために、あなたの代わりに皿が割れてくれたのです。

「今までありがとう」と優しくお礼を言って、丁寧に後片付けをしていきましょう。

「お皿が真っ二つに割れた時」のスピリチュアル的な解釈

お皿が真っ二つに割れた時のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「お皿が真っ二つに割れた時」いい意味での解釈

皿が二つに割れると、陽のエネルギーが上昇していきます。

明るい気持ちが心を占めるようになり、色々なことに前向きにチャレンジしていけます。

これまで年齢や経験が少ないからと諦めていたことに、果敢に挑戦していけます。

何歳になっても上にあがる気持ちを忘れずに、楽しみながら上昇してみてください。

「お皿が真っ二つに割れた時」悪い意味での解釈

皿が二つに割れてしまい、悲しい気持ちになることがあります。

こうしたケースは「新しい食器に変えなさい」というメッセージです。

皿やコップは、持ち主の心やステータスをあらわしています。

もしあなたの環境や状況が変わったら、今の気持ちや収入に合うものに、食器を変えてみましょう。

あなた自身に寄り添う食器を見つけて、明るい気持ちでライフスタイルを楽しんでください。

まとめ

お皿が真っ二つに割れた時のジンクスを見てきました。

皿が半分に割れるのは、良いエネルギーが循環しているサイン。

厄が落ちて、楽しい日々が始まります。

気持ちを切り替えて、朗らかなダッシュを切ってください。

タイトルとURLをコピーしました