「お盆生まれ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「お盆生まれ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

周囲にお盆に生まれたという知人や友人が、いたりしませんか?お盆とは日本の夏の8月15日前後を彩る、先祖を祀る仏教的な行事です。

お墓参りの時期であり盆踊りなどのお祭りも盛大ですが、この先祖供養の時期に生まれるということは、スピリチュアル的に見てとても意味があることのようです。

「お盆生まれ」のスピリチュアルでの象徴や意味

お盆には先祖霊が戻ってくるなどと言いますが、楽しい行事があるように恐ろしい日ではありません。

お盆生まれと言っても呪いや不運といったこともなく、むしろ先祖霊に守られながら生まれて来たという意味が大きいです。

お盆生まれの人は感受性や直感力に優れていて、創造性があって才能に恵まれている傾向にあります。

また性格的には優しくて平和主義で、周囲との協調性をもつ人です。

盆踊りのように人と人を繋げる存在なので、リーダーシップを取るにも向いています。

お盆生まれなだけに、霊的な存在を感じ取れる霊感を開花することもできるでしょう。

「お盆生まれ」のスピリチュアルメッセージ

幼少時からお盆生まれの人が神さまから受けているメッセージは、「持っている能力で周囲の人を繋いでね」とか「持っている感性で周囲を導いてね」というものです。

「お盆生まれ」のスピリチュアル的な解釈

とても前向きなお盆生まれですが、特定の行動を意識することでその能力を開花しやすいです。

また性格が災いすることもあるので、その対処をしていくことが大切になります。

「お盆生まれ」いい意味での解釈

あなたがお盆生まれなら、親切や協調を念頭に置いて動くことによって、良い結果を出すことができます。

周囲でトラブルが起きても自らが動いていけば、その場は上手に収めやすいタイプです。

それは霊的な加護が影響するとも言いますが、生まれながらの才能の1つになります。

多くの人の意見を聞いてまとめ上げることが得意なので、仕事では出世が早いこともあるでしょう。

お盆生まれの人にとっては、盆踊りのちょうちんや送り火の色である、赤やオレンジがラッキーカラーです。

身の回りの道具に取り入れることによって、運気を高めることになります。

「お盆生まれ」悪い意味での解釈

周囲に合わせてしまう性格があるために、ストレスを感じやすいです。

また悪いエネルギーも受けやすいので、ストレスの解消を継続することはもちろん、厄除けや運気上昇の行動を定期的に行って行くのをおすすめします。

まとめ

先祖霊の供養のお盆に生まれた人は、周囲の人を繋いだり導いていける人なことが分かりました。

先祖霊の守護の力が強くて霊感があるとしたら、特別な感じもしますよね。

周囲にお盆生まれの人がいたら、ラッキーカラーのお守りをプレゼントしてみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました