「お礼を言わない人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「お礼を言わない人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

お店で買い物をした時、何かを教えてもらった時、ありがとうというお礼をしていますか?

お礼とは感謝を伝えることですが、人によっては距離感を近づけたくなかったりと、心に何らかの障壁があって、お礼すらできない人もいます。

そんなお礼を言わない人は、スピリチュアル的に言うとかなり危うい存在です。

「お礼を言わない人」のスピリチュアルでの象徴や意味

もし身近にお礼を言わない人がいれば、一般的には礼儀が欠如している人だと言われてしまいます。

自分の立場が相手より上だと思っていたり、相手の行為は当たり前だからお礼など不要であるなど、高飛車に考えているかもしれません。

お礼を求めるくせに、自分はお礼をしないという矛盾が定着した人もいます。

スピリチュアル的にはお礼を言わない人は波動の低い人であり、周囲の運気を低下させる人です。

お礼しないために周囲をイライラ、ガッカリさせ、心理的な距離を遠ざける存在になっています。

しかもお礼を言わない人は、自分が運気を低下させ、損していることにすら気づいていません。

「お礼を言わない人」のスピリチュアルメッセージ

もし身近にお礼しない人がいるなら、「あなたの波動や運気が下げられることに注意して」「イライラして自分を見失わないでね」というメッセージです。

そして「あなたはちゃんとお礼をしてね」という反面教師のメッセージにもなっているでしょう。

「お礼を言わない人」のスピリチュアル的な解釈

普段からお礼できない人との関係ができてしまっても、行動によってはそれを改善できる場合もあります。

しかしお礼を言わない人を放置していると、悪いエネルギーが溜まって良くないほうに向かい続けてしまいますよ。

「お礼を言わない人」いい意味での解釈

もしお礼を言わない人がお客さんだとしても、ありがとうの感謝を伝えていれば、いずれお礼を言うようになるかもしれません。

そんな場合は相手の凝り固まったプライドの高さや、低い波動を改善できたことを意味しています。

運勢は良いほうに向かって、人間関係や仕事にも好影響をもたらすでしょう。

お礼を言わない人に改善を求めた場合、険悪なムードにならないで改善できた時も、相手の波動を高めて自分を含めた運勢が好転したことになります。

「お礼を言わない人」悪い意味での解釈

もしお礼できない人に改善を要求して険悪な感じになったら、相手の波動の低さや相性の悪さなどの現れとなります。

しかも相手がお礼しないから自分もお礼言わないとへそを曲げてしまったら、もはや距離を縮めることも理解し合うことも不可能かもしれません。

いざという時ですら意思疎通ができずに、不幸な運命に引きずられやすくなります。

また会社内がお礼を言わないのが普通の環境になっている場合、その会社全体の運気が低下することになってしまうでしょう。

まとめ

身近に現れがちなお礼を言わない人は、波動や運気を低下させ、イライラさせることもある存在です。

しかし人によっては改善も可能かもしれません。

ともかくお礼をしない人がいても、ネガティブを溜め込まないで過ごしたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました