PR

「お葬式」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「お葬式」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「お葬式」は悲しい儀式ですが、故人の事を懐かしく思い出す場でもあります。

スピリチュアルの観点からは、どのようなものなのでしょう。

ここでは、「お葬式」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「お葬式」のスピリチュアルでの象徴や意味

人の魂は輪廻転生しながら修行し、高みを目指していくため、今世は前世と来世を繋ぐ1つに過ぎません。

「お葬式」は、今世の終わりですが、来世の始まりでもあるのです。

故人にとっては、一生でどれだけの魂の修行が出来たか、参列する人々を見て再確認する時です。

あなたが参列する側の場合、別れの悲しみを区切り、故人の一生に見習うべきものがあれば自分に採り入れる、魂を磨く場になります。

「お葬式」のスピリチュアルメッセージ

「お葬式」に接した時の感情に、メッセージは顕れます。

参列する場合、喪主として取り仕切る場合、自分の「お葬式」の場合など、立場の違いもメッセージの一部です。

「お葬式」のスピリチュアル的な解釈

「お葬式」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「お葬式」いい意味での解釈

「お葬式」に接し、悲しさ、懐かしさ、もう一度会いたいという気持ち、ホッとした気持ち、温かみなどを感じるなら良い意味です。

故人は人生を通じ、良い魂の修行が出来ており、参列者もそれに気付き、学びを得ています。

時として、社会的な成功はしていなかったり、晩年に病気で苦しんだとしても、安らぎに辿り着け、意味のある人生が送れています。

「お葬式」悪い意味での解釈

「お葬式」に接し、絶望感、立ち直れない程の悲しみ、原因に対する怒り、信じられないという気持ち、身体の奥底からの冷気などが感じられる場合は悪い意味です。

突然の事故など、想定を遥かに超えた亡くなり方で、皆が上手く死を受容出来ていません。

故人の魂は、修行の路半ばであり、大きな未練を残した状態です。

このような時、参列者は素直に悲しみを伝えましょう。

ネガティブな気持ちですが、「お葬式」はそれを浄化する禊ぎのパワーを持つ場です。

これにより、日常に悲しみを持ち込まず、新たな日々を始める事が出来るでしょう。

まとめ

「お葬式」は、今生の魂の修行成果が顕れる時です。

良い意味としては、故人はよく魂の修行ができ、参列者はそこから学べている状態です。

一方、急な事故などの場合、悲しみが大きくなりすぎる場合もあります。

このような時は、出来るだけ悲しみを「お葬式」の場で吐き出してしまいましょう。

「お葬式」には、それを浄化するパワーがあります。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする
スピリチュアル辞典:DearHome