PR

「お賽銭」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「お賽銭」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

神社や寺に参拝した時、「お賽銭」を納める事は多いでしょう。

この「お賽銭」は、一体どのようなものなのでしょう。

ここでは、「お賽銭」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「お賽銭」のスピリチュアルでの象徴や意味

「お賽銭」は、「賽」「金銭」の形で奉納するもの、という事になります。

「賽」は、神から受けた福に感謝して祀る事を意味します。

昔は米や雑穀をおひねりにして納めていましたが、金銭が普及するようになり、その後16世紀頃から賽銭箱が設置されるようになりました。

スピリチュアル的には、「お賽銭」は祀られている存在への感謝と、尊敬の念を伝える意味になります。

同時に、厄や穢れを託し、任せるという作用もあります。

金額に共通したルールはありませんが、大前提として気持ちが必要です。

そして、しばしば金額に気持ちは顕れるのです。

人間同士のやり取りでも、大きな感謝の気持ちを伝えようと包むなら、その時に出せる一番大きな金額を選ぶでしょう。

「お賽銭」のスピリチュアルメッセージ

「お賽銭」を納める時の感情や、賽銭箱での挙動にメッセージは顕れます。

宗派によって「お賽銭」以外の呼び名の場合もありますが、あなたが「お賽銭」と認識しているなら同じです。

「お賽銭」のスピリチュアル的な解釈

「お賽銭」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「お賽銭」いい意味での解釈

「お賽銭」が、良い音を立てて賽銭箱に入る、経済的に辛く少額しか納められない、良い語呂合わせを選ぶ、空気が清浄になった感じ、肩の荷が下りた感覚、温かみ、空気が和らぐ感覚などがあれば良い意味です。

「お賽銭」に載せた気持ちはよく伝わり、祀られているものが、あなたを礼儀正しく、心がけの良い人と認識しています。

その後の願い事にも、よく耳を傾けてくれるでしょう。

また、何かしら悩み事の解決を願う時、「お賽銭」と共に厄も託せており、半分は解決した状態になります。

後は、あなたの力でも対処可能でしょう。

「お賽銭」悪い意味での解釈

「お賽銭」を納めた時、賽銭箱で跳ね返り、中に入らなかった場合、あまり良い意味とは言えません。

ひとつは、所作が雑で、穏やかな精神状態になっていないという顕れです。

神聖な場では、もう少し落ち着きましょう。

もうひとつは、神頼みの前に、すべき事があるというメッセージです。

願いに対してベストを尽くせたか、自分を省みましょう。

他に「お賽銭」やその神社などにネガティブな感情があり、義務感や当てこすりで納めようとするなら、良い結果にはなりません。

感謝も尊敬も畏怖もない相手なら、参拝するのはやめましょう。

自分で自分の魂を穢すだけです。

まとめ

「お賽銭」は、祀られたものに、感謝や尊敬を伝え、厄を託す意味になります。

良い意味としては、心がけの良い人として認識され、願いにも耳を傾けてくれるでしょう。

悪い意味としては、神頼みの前に、すべき事があるというメッセージです。

このような時は、自らを省みて、出来る事にはベストを尽くしましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする