「くしゃみ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「くしゃみ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

鼻がムズムズして、くしゃみが止まらないことがあります。

どのようなジンクスがあるのか、見ていきましょう。

「くしゃみ」のスピリチュアルでの象徴や意味

普段に比べて、くしゃみが多く出ることがあります。

くしゃみはスピリチュアルの世界では「浄化」としての働きがあります。

魂に溜まったマイナスのエネルギーを、外に押し流そうとしています。

「くしゅん」と勢いよく吐き出すことで、悪い気を断ち切ろうとしているのです。

「鬼は外」と豆をまくように、心の中にある邪気が逃げていきます。

清らかな魂にリセットされるので、くしゃみをした後は晴れ晴れとした顔つきになります。

不純物が体外にに流れ出て、代わりに明るい気が入ってくる「入れ替わり」のご利益があります。

「くしゃみ」のスピリチュアルメッセージ

くしゃみをすると、あなたの運気が好転していきます。

魂に留まっていた邪気が外に出ていき、涼やかな気持ちになります。

ストレスや憎しみ、ジェラシーなどの悪い感情も、くしゃみと一緒に流されていくはずです。

世の中に対する見方が変わっていき、ポジティブな精神状態になっていきます。

心が落ちついて、大らかな視点で物事を見つめることができるようになります。

新しいあなたに生まれ変わり、色々なことを楽しんでいきましょう。

「くしゃみ」のスピリチュアル的な解釈

くしゃみには良い解釈と、気になるジンクスがあります。

両面から見ていきましょう。

「くしゃみ」いい意味での解釈

くしゃみが出ると、体内のエネルギーが循環していきます。

邪気と呼ばれる陰の気が流れていき、体中に陽の気が溢れていきます。

心の中にあった靄が晴れていき、新鮮な気持ちになれます。

周りの人の良い部分が見えてきて、人を信じる気持ちや愛する気持ちも生まれていきます。

仲良しの友達や愛し合える恋人が見つかるなど、運気が明らかに変わっていきます。

くしゃみと上手く付き合いながら、あなたのエネルギーも一杯に満たしてください。

「くしゃみ」悪い意味での解釈

浄化としての役割があるくしゃみ。

くしゃみを無理に我慢していると、マイナスの気がこもり暗い気分になることもあります。

追い払うべき邪気が心に留まってしまい、ネガティブな気持ちに支配されることもあるようです。

鼻がむずむずしたら、なるべく我慢をしないこと。

自然の流れに任せて、排出を手伝ってあげましょう。

しだいに運気が上がっていきます。

まとめ

くしゃみのスピリチュアルサインを見てきました。

くしゃみには、邪気を追い払うという作用があります。

いい意味を知って、幸せのヒントを見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました