「くしゃみを2回する場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「くしゃみを2回する場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

くしゃみが止まらない場合があります。

スピリチュアルな意味を、一緒に見ていきましょう。

「くしゃみを2回する場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

風邪をひいていないのに、立て続けにくしゃみをする場合は「あなたの噂を誰かがしている」というジンクスがあります。

鼻のセンサーは目に見えない波動を、絶えずキャッチしています。

たとえ地球の裏側で噂話をしていたとしても、当の本人はむず痒く感じて、くしゃみをします。

1回でも3回でもなく2回だった場合は、あなたの話を誰かがしているという意味があります。

「くしゃみを2回する場合」のスピリチュアルメッセージ

くしゃみを2回するのは、誰かの井戸端会議や世間話の中に「あなたにまつわる話」が含まれているサインです。

ただ知らない所で噂話をされるのは、気分の良いものではありません。

けれども話の中心は良い話。

あなたにまつわる良い話題なので、誇りに思ってあげてください。

親や親戚があなたの立身出世を褒めていたり、友達や恋人があなたに内緒でサプライズパーティを計画したり、楽しい話で盛り上がっています。

あなたの評判はうなぎ登りになっています。

「くしゃみを2回する場合」のスピリチュアル的な解釈

くしゃみを2回するときの、いい解釈と悪い解釈を見ていきましょう。

「くしゃみを2回する場合」いい意味での解釈

くしゃみを2回する場合は、あなたの株が上がっているサインです。

職場では「あなたと一緒に働けて良かった」と思ってくれているメンバーが大勢います。

また恋愛方面では「あなたとお付き合いしたい」と考えている異性が、星の数ほどいます。

誰にでも優しく、公平に接しているあなた。

人当たりも良いので、年齢問わずにファンが増えています。

仕事も恋愛もいい方向に向かっているので、今のままを貫いてみてください。

さらに大きな幸せがやって来ます。

「くしゃみを2回する場合」悪い意味での解釈

耳の痛いジンクスとして、陰口を叩かれているという内容があります。

優秀なあなたを羨ましく思って、足を引っ張るような噂を流されている可能性があります。

ただこうした行為をするのは、一部の人のみ。

ほとんどの人はノータッチなので、あらぬ噂に心を打ち砕かれないように気をしっかり持っておきましょう。

くしゃみには浄化の働きもあるため、悪い気からあなたを守ってくれる作用もあります。

放っておけばそのうち、この風潮は消えていきます。

安心して過ごしてください。

まとめ

くしゃみを2回する場合のジンクスを見てきました。

このような場合は、あなたの人気が上がっているサインです。

スピリチュアルなメッセージを知って、いい運気を取り入れてください。

タイトルとURLをコピーしました