PR

「ため息」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ため息」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

疲れた時や、期待外れに終わった時など、つい「ため息」が出てしまう事もあるでしょう。

そんな「ため息」には、スピリチュアル面でどんな意味があるのでしょう。

ここでは、「ため息」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「ため息」のスピリチュアルでの象徴や意味

あまり意識していませんが、「ため息」に相当する深い呼吸は、1時間のうちに数十回ほど行われています。

これは、自律神経の働きを戻し、肺胞をストレッチさせるためです。

「ため息をつくと幸せが逃げる」という言い回しがありますが、これは因果が逆で、辛い精神状態からくる自律神経の乱れにより、ため息が誘発されている考えられます。

スピリチュアル的には、心身のストレスにより体内の気が低下した状態を告げ、それを回復させているという意味です。

「ため息」のスピリチュアルメッセージ

「ため息」の吐き方や、出た時の感情にメッセージは顕れます。

「ため息」か、単なる深呼吸か曖昧な事もありますが、判断基準はあなたの主観です。

「ため息」のスピリチュアル的な解釈

「ため息」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「ため息」いい意味での解釈

「ため息」を吐いた時、ホッとした気分、落ち着き、安堵、仕切り直した感じ、丹田に力が満ちる感覚などがあれば良い意味です。

「ため息」は、あなたの気を整え、次に進むパワーを与えてくれています。

もうひと頑張りする時にも、明日に向けゆっくり休むにも良いでしょう。

「ため息」悪い意味での解釈

「ため息」が頻繁に出る、うんざりした気持ち、何もしたくない感じ、今までの事が無意味だったという思いなどがあれば悪い意味です。

大きなストレスでネガティブな気が溜まっており、「ため息」だけで解消仕切れていません。

回復手段よりも警告として、「ため息」が機能しています。

ストレス源の仕事や人間関係から、きっちり離れるだけの休みを取り、本格的に気の流れを整えましょう。

尚、相手に聞かせるため、わざと「ため息」をつくのはいけません。

必要のないタイミングのため息は、かえって体内の気を乱し、ストレスを助長します。

相手は反感を持つだけで、あなたの期待通りには動きません。

双方にマイナスしかないので、関わりを断つか、改善して欲しい事を言葉で伝えましょう。

まとめ

「ため息」は、自律神経を整え、肺をストレッチするもので、スピリチュアル的には気を整える機能があります。

良い意味としては、気を整えパワーが回復した状態です。

悪い意味としては、「ため息」で解消しきれないネガティブな気が溜まった状態です。

このような時は、休みを取り、本格的に気の流れを整えましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする