「つむじが痛い時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「つむじが痛い時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いま日本の4人に1人が、何らかの頭痛に悩まされているといいます。

そんな人を悩ます頭痛の中でも、つむじの部分が痛いという場合もあります。

つむじとは一般的には何の意味があるのか不明な部位ですが、スピリチュアル的に言えばつむじの痛みは人にとって重要な示唆であるようです。

「つむじが痛い時」のスピリチュアルでの象徴や意味

頭痛とはスピリチュアル的には魂の浄化や能力の覚醒、波動の乱れなどによって起きると言われています。

頭頂部のつむじは第7チャクラと呼ばれ、百会(ひゃくえ)と呼ばれる全身のツボの集結地でもあります。

第7チャクラは宇宙エネルギーの出入り口であり、ここから入ったエネルギーが体内を巡り、精神を研ぎ澄まして高次元に繋がることになるのです。

つむじの部分が痛いことは全身のエネルギーの巡りが悪かったり、出入り口が閉塞しているか開きすぎているなど、バランスが悪いことの現れとなります。

つむじが痛い人は自信が持てず自己否定感が強かったり、恐怖や不安がつきまとったり頑固な性格な人になってしまいがちです。

「つむじが痛い時」のスピリチュアルメッセージ

もしつむじの付近が痛いことがあった時のメッセージは、「頑固な自分をやめて寛容さを取り戻してね」とか、「自己否定しないで自分を受け入れて」というものです。

「エネルギーの流れを正常にしてね」とも伝えられています。

「つむじが痛い時」のスピリチュアル的な解釈

発生しているつむじの痛みを解決することで、精神的な健全さを得られるようになります。

もし放置してしまえば、精神的な問題をこじらせることになるので要注意です。

「つむじが痛い時」いい意味での解釈

痛みを解消していくなら、頭頂部の百会のツボを押していくことが効果的です。

つむじ付近の百会を押すと、頭痛全般の解消や自律神経の働きの改善もすることになります。

第7チャクラのバランスが整って清浄なエネルギーの流れとなり、心身に好影響をもたらすでしょう。

リラックスした状態で瞑想し、つむじ部分から呼吸と共にエネルギーが入って出ていくことをイメージすることでも効果を得られます。

「つむじが痛い時」悪い意味での解釈

もしもつむじ部分が継続的に痛い状態を放置していると、清浄な精神から程遠い状態になってしまいます。

自己否定感や頑固をこじらせたネガティブ思考となりがちです。

思考力や運気が低下したり、恐怖や不安も続くことになりかねません。

精神を研ぎ澄ましたり、高次元に繋がることも難しくなってしまうでしょう。

まとめ

ある時につむじが痛くなっていれば、自己否定や頑固を取り除き、エネルギーの流れを正常化すべきことの現れでした。

まずは百会ツボ押しや瞑想から頭痛の解消を始めて、高次元に繋がる存在を目指してみてください。

タイトルとURLをコピーしました