PR

「てんかん」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「てんかん」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「てんかん(癲癇)」は、脳の神経細胞の異常活動によって発作を繰り返す病気です。

人生に影響を与える事も多いものですが、スピリチュアル的には何か意味があるのでしょうか。

ここでは、「てんかん」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「てんかん」のスピリチュアルでの象徴や意味

「てんかん」は、てんかん発作を繰り返す状態です。

発作は、様々な脳の疾患や外傷によって生じる、異常な神経活動です。

意識消失などをイメージする人もいますが、腕が数秒固くなる、宙を見つめる、といった他人から見ても気付かれないような発作もあります。

古くは、「狐憑き」などの文脈で語られる事もありましたが、全くの偏見です。

スピリチュアル的には、感受性が強く、魂のエネルギーが不安定になった状態に過剰に反応しているという意味になります。

「てんかん」のスピリチュアルメッセージ

「てんかん」であると認識した時の感情や、発作の内容にメッセージは顕れます。

認識した時点でメッセージは完結しているため、スピリチュアル面の変化で症状が改善する訳ではありません。

受診の上、医師の指示に従いましょう。

「てんかん」のスピリチュアル的な解釈

「てんかん」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「てんかん」いい意味での解釈

「てんかん」による発作が稀に起きるけれど、生活や仕事に大きな影響はない、気付いて助けてくれる配偶者がいる、発作がない時は意識していない、といった場合は良い意味です。

エネルギーが不安定になり、発作が生じていますが、「てんかん」と上手く付き合えている状態です。

「てんかん」悪い意味での解釈

「てんかん」による発作が起きるため、発作が起きるのではと常に気になり落ち着かず、人と関わったり仕事するのが怖い、人混みにいたくない、周りの人に迷惑をかけてきたため気まずい、といった場合は悪い意味です。

「てんかん」を気にするあまり、本来の運命の流れから外れかけています。

このような時は、自分に出来る事を具体的に考えましょう。

「てんかん」という言葉1つで括れるものではない筈です。

もし、あなたの周囲の人が「てんかん」に偏見を持っていて、それによって萎縮しているなら、付き合う人を替える事も考えましょう。

理解して貰えるのが理想ですが、多くの場合、他人は変えられません。

まとめ

「てんかん」発作は、魂のエネルギーが不安定になった時、過剰反応している状態と言えます。

良い意味としては、「てんかん」と上手く付き合えている状態です。

悪い意味としては、発作を気にし過ぎて、本来の運命の流れから外れかけている状態です。

このような時は、「てんかん」という言葉にこだわらず、自分に何が出来るかで考えましょう。

あなたを萎縮させる、「てんかん」に偏見を持つ人から、距離を取る事も大切です。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする