「はちみつ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「はちみつ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

普段から食卓にはちみつが登場する機会はありますか?はちみつとは、ミツバチが花の蜜から作り上げたものです。

とても甘いので砂糖の代わりとなるのはもちろん、ビタミンやミネラルや酵素が含まれているため、体力回復や解毒や美容に良い生薬の一種としても知られています。

そんなはちみつが持つ、スピリチュアル的な意味とはどんなものかも知りたいところです。

「はちみつ」のスピリチュアルでの象徴や意味

古代中国ではちみつは、気力を回復し解毒を進めて百薬にも勝るものとして重宝されてきました。

古代インドのアーユルヴェーダでも、はちみつは体のエネルギーバランスを整える食品として重視されてきたものです。

はちみつを作り出すミツバチとは神さまの使いであり、繁栄や幸福や協調性の象徴となっています。

ミツバチが生み出すはちみつとは太陽エネルギーを含む花の蜜からできたものであり、積み重ねてきた努力の結晶、愛の結晶とも言われるものです。

そんなはちみつを体内に取り込むことは、邪気を祓い波動を高め、努力が実ったり、人間関係がうまくいったりすることを意味しています。

「はちみつ」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたがはちみつを食べたくなったら、「心身の浄化を進めて波動を上げるよ」「頑張っている努力が報われるよ」「人付き合いが円満になるよ」というメッセージです。

人生を好転させたいなら、はちみつの出番でしょう。

「はちみつ」のスピリチュアル的な解釈

日頃から正しいはちみつの使い方をすることが、波動や運気を高める上では大切なことです。

ポジティブなはちみつですが、間違った使い方をすると悪運を招くことにもなるので気を付けてください。

「はちみつ」いい意味での解釈

心の弱さを感じ取っている人は、1日にスプーン1~2杯程度のはちみつを食べることで波動を高め、精神を強化してみると良いです。

レモンやゆずはちみつ漬けは活力をみなぎらせるもので、お茶やジャムとして使うことができるのでぜひ作ってみてください。

はちみつを使った料理やお菓子を食べることでも、エネルギーを高めることに繋がります。

そしてはちみつは縁起物なので、お歳暮などの贈り物に選んでみるのもおすすめです。

贈り物にしてみれば相手に喜ばれるし、自らの波動や人間性を高めることに繋がります。

「はちみつ」悪い意味での解釈

健康的なはちみつですが、1日に多量に食べることは肥満や胸焼けやお腹をこわす原因になって、波動を低下させてしまいます。

はちみつは許容量を超えて食べてはいけない食品なのです。

またはちみつは5%の確率で、ボツリヌス菌を含んでいます。

1歳未満の幼児はその悪影響を多大に受けやすく、運気を下げて死を招くこともあるのは覚えておく必要があるでしょう。

まとめ

むかしから好まれてきたはちみつとは、浄化を進め波動を高め、努力が報われることにもなるありがたい食べ物でした。

はちみつを1日にわずかに使うだけでも効果は上がるはずです。

はちみつ漬けを作って、食事に取り入れてみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました