PR

「ふくらはぎ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ふくらはぎ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

脚の「ふくらはぎ(脹ら脛)」は、歩行に大きな影響を与える筋肉の塊で構成されます。

運動に重要ですが、スピリチュアル面でも意味を持つ箇所です。

ここでは、「ふくらはぎ」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「ふくらはぎ」のスピリチュアルでの象徴や意味

「ふくらはぎ」は、主に腓腹筋(ひふくきん)で構成され、歩行動作の中で地面を蹴る力に影響し、物事を推し進める活動性を象徴します。

一方、この筋肉の収縮は、重力に逆らい血流を上半身へ押し上げる「筋ポンプ作用」を持つ事から、「第二の心臓」とも呼ばれます。

こちらは、パワーが上手く全身に行き渡っている、物事を上手く採り入れているという意味です。

「ふくらはぎ」のスピリチュアルメッセージ

「ふくらはぎ」を意識した時、コンディションや、それにともなう感情にメッセージは顕れます。

自分の「ふくらはぎ」の他、他人のものやイラストなどで見る場合にも、メッセージが顕れる場合はあります。

尚、「ふくらはぎ」のコンディションのうち、筋肉量については、両手の人差し指と親指で囲った時、隙間が出来ない、または囲みきれないぐらいの太さがあると良い状態です。

「ふくらはぎ」のスピリチュアル的な解釈

「ふくらはぎ」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「ふくらはぎ」いい意味での解釈

「ふくらはぎ」を意識した時、特に存在感がない、力のこもる感じ、しっかり太さがあり筋肉が感じられる、力強さ、温かみを感じるなどの場合は良い意味です。

「ふくらはぎ」は、よく働いており、パワーも隅々に満ちています。

何かに取り組む時も、実力を出し切れるでしょう。

「ふくらはぎ」悪い意味での解釈

「ふくらはぎ」を意識した時、むくみ、痛み、腫れぼったさ、細すぎる、こむら返りになりやすい(攣る)といった場合は悪い意味です。

行動性が低下し、パワーが上手く循環しておらず、滞っています。

このような時、「ふくらはぎ」だけを改善しようと思っても、上手くいきません。

第二の心臓ですから、全身のコンディションと相互関係にあるのです。

充分な休養、適度な運動、適切な栄養で調子を整え、全身の気の流れを高め、パワーを充実させましょう。

まとめ

「ふくらはぎ」は、第二の心臓とも呼ばれ、行動力だけでなく、パワーの流れを象徴します。

良い意味としては、「ふくはらぎ」がよく機能し、パワーが充実した状態です。

「ふくらはぎ」の調子が悪い時は、「ふくらはぎ」だけに対処するのではなく、全身の気の流れを整える事が重要です。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする