「ふと思ったことが現実になる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ふと思ったことが現実になる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ある時にふと思ったことが、現実として起こってしまう経験がありませんか?

思考が実現するなんてとても不思議なことですが、世の中にはそれが何度も起きてしまったと言う人も珍しくないようです。

実はふと思ったことが現実になるのは、スピリチュアル的な解釈ができることでした。

「ふと思ったことが現実になる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

世の中の全てものは波動を放っていることは知られていますが、人間の肉体と魂も波動を持っています。

似ていたり源が同じ波動同士は、影響し合って運命的に引き寄せられることになります。

そのためふと思ったことが現実になるのも、人の思いの波動と現実の出来事の波動が調和している結果ということです。

また表面的な思考や言葉を意味する顕在意識よりも、心の奥にある潜在意識のほうが、思いの実現に繋がりやすくなっています。

つまり心の底からこうなれば良いのにと思うことで実現に直結しているのです。

あるいはふと思ったことが実現するのは、神さま仏さまなどに願いが叶えられたからだとも言われます。

この場合も潜在意識からの強い願いが、神仏に聞き届けられることになるでしょう。

「ふと思ったことが現実になる時」のスピリチュアルメッセージ

あなたの思いが実現することがあったら、「心の底からの思いが影響したよ」「引き寄せの法則が発動したよ」というメッセージです。

あるいは「神さまに願いが叶えられたよ」ということにもなります。

「ふと思ったことが現実になる時」のスピリチュアル的な解釈

実現しやすくする方法を実践することで、思いの実現率が高まっていくでしょう。

しかし間違った思考をすると運勢は悪い方にも流れていくので気をつけてください。

「ふと思ったことが現実になる時」いい意味での解釈

自分と波動が似ている人や物や場所を見つけ出せたなら、それに関連して思いが実現しやすいかもしれません。

そして思ったことを現実にするなら、1つの思いを毎日のように何度も繰り返すことが効果的と言われています。

潜在意識の中にそれが常にある状態を作り出すことが大切なことです。

また明らかに思いが現実頻度が高い人が稀にいますが、その人は特別な能力を持った霊媒体質(チャネラー)の可能性があります。

「ふと思ったことが現実になる時」悪い意味での解釈

一回だけ軽く思うだけでは、実現率はとても低いと言わざるを得ません。

数年に1度しか実現しない人がいるのはそのためです。

また引き寄せの法則では、ネガティブな思いでも実現してしまうこともあるので注意が必要です。

口では幸せになりたいと言っていても、潜在意識で幸せになれないと思っているならそちらが優先されることになります。

ネガティブな思考ばかり繰り返す傾向のある人は、なかなかポジティブな願いに届かないことにもなりかねません。

まとめ

あなたの思ったことが現実になってしまうのは、引き寄せの法則が発動したことを意味しているのでした。

それは潜在意識から現実に繋がるものです。

ポジティブな思いなら、どんどん実現して欲しいものです。

タイトルとURLをコピーしました