PR

「めんどくさがり」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「めんどくさがり」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

色々なものが面倒で、「めんどくさがり」になっていると思う事はあるでしょうか。

スピリチュアル的な観点から見ると、「めんどくさがり」は、必ずしも悪い事ばかりではありません。

ここでは、「めんどくさがり」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「めんどくさがり」のスピリチュアルでの象徴や意味

面倒とは、やりたくない気持ちを結果的に言語化したもので、その過程は1つではありません。

必要は発明の母と言いますが、「面倒臭い」という気持ちも数多の発明品を生み出し、文明を発展させています。

一方、問題を放置して、大事故に繋げるのも「面倒臭い」という気持ちです。

「めんどくさがり」の人は、生み出すパワーと、事故の危険性という二面性を持っているのです。

「めんどくさがり」のスピリチュアルメッセージ

「めんどくさがり」を他人に指摘されて納得したり、自覚した時の感情にメッセージは顕れます。

尚、抑鬱症状などで、やる気が起こらないという場合は、受診しましょう。

本質的に意味が異なります。

「めんどくさがり」のスピリチュアル的な解釈

「めんどくさがり」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「めんどくさがり」いい意味での解釈

「めんどくさがり」を自覚した時、それを解消する方法を実践している、無意味な事はやるべきではないと考えている、他人からはむしろ勤勉に見えている、といった場合は良い意味です。

あなたは鋭い視点があり、常識的な作業に非効率なものを見つけると、それを面倒と感じ、これを解消するため行動します。

その成果は、周囲の人を助け、場の運気そのものを高めてくれるでしょう。

「めんどくさがり」悪い意味での解釈

「めんどくさがり」を自覚するけれど、どうにもやる気が起こらない、何となく無駄な気がする、どうせ誰かがやってくれる、息をするのも面倒、自己嫌悪が常にある、といった場合はあまり良い意味ではありません。

エネルギー低下から物事に取り組めず、自己嫌悪が魂を濁らせ、更にエネルギーを低下させています。

このような時は、「面倒と思っても良い」と考え、連鎖を断ち切りましょう。

そしてエネルギー回復のため、ゆっくり休みましょう。

他に、やっても上手く行かない、中途半端になってしまう、という気持ちから「面倒」と考える場合もあります。

これは、失敗しない事を第一に考えて、踏み出せない状態です。

このような時は、先を考えず、目の前の極めて簡単な事を1つだけ片付けましょう。

それだけで、いつか終わります。

折角だからと、2つ目に手を付けるなら、もっと早く終わるでしょう。

まとめ

「めんどくさがり」は、生み出すパワーと、問題の放置という二面性を持ちます。

良い意味としては、非効率の解消のため行動出来ている状態です。

一方、面倒で行動出来ず、自己嫌悪がさらにやる気を低下させているなら悪い状態です。

このような時は、「面倒に思っても良い」と考え、自己嫌悪の連鎖を断ち切りましょう。

目の前の事を1つだけ片付けるのも有効です。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする