「もういいやと感じる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「もういいやと感じる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

これまでに「もいいいや」と諦めてしまったことが何度ありますか。

いくら頑張っても結果が出なくてもういいや。

仕事や人間に嫌気が差してもういいや。

一見して自分はすぐ諦める駄目な奴だと思ってしまうところですが、スピリチュアルな視点では、実はもういいやと感じるのはとても凄いことの現れかもしれません。

「もういいやと感じる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

何かの物事についてもういいやと思うことは、要するに投げやりでうんざりした気持ちや、諦めの意味があります。

それは言い換えるとこだわりを捨てることであり、目標を取り払うことであり、これまでの苦労を手放すことです。

目の前のこだわりや苦労をなくすということは、自分を苦しめていたストレスや、悪いエネルギーから開放されることになります。

そして何もない状態にリセットすることを意味するはずです。

「もういいやと感じる場合」のスピリチュアルメッセージ

もし何処かでもういいやと感じて諦めを実行に移すことができたら、「悪いエネルギーから開放するよ」とか「これからあなたの未知なる可能性が開けるよ」というメッセージになっています。

人生を変えたい人にとっては1つのチャンスになるでしょう。

「もういいやと感じる場合」のスピリチュアル的な解釈

実際にもういいやと手放しても、その後に何をすれば良いのか分からなくなるのは問題です。

だから諦めの後には、かならずやっておきたいことがあります。

そして諦め方によってはネガティブに作用するので要注意です。

「もういいやと感じる場合」いい意味での解釈

人付き合いや仕事や勉強など、何かを諦めることにしたら、まずは自分にとってもっともポジティブなことを始めてみてください。

それは温泉旅行でも食べ歩きでもデートでも良いです。

その中から自分が興味のある分野が見つかり、自分らしい仕事や生き方に繋がっていくでしょう。

もういいやと諦めたら、その諦めたことに関連する物を、断捨離してみましょう。

すると古い考え方やエネルギーを手放すことになり、運気の上昇を招くことになります。

人間関係が泥沼になったり疲れてもういいやと思って縁を切った場合も、悪縁を切り離したと解釈してください。

すると新たな出会いに恵まれることもあるかもしれません。

「もういいやと感じる場合」悪い意味での解釈

しかし仕事を途中でもういいやと放り投げることは、責任の放棄になってしまいます。

信用をなくしたり怒りを買ったりするのは当然。

運気を低下させてしまうので、今取り組んでいる仕事だけはやり遂げてから辞めるほうがよいです。

同様に中途半端なところでもういいやと諦めると、後で後悔することにもなりかねません。

本当にもういいのか?と自問自答してから実行してみてください。

まとめ

もういいやと何かを手放すことは、未知なる可能性が開けることのメッセージでした。

そして何かを諦めたら、ポジティブなことをしたり断捨離することが大切です。

いま嫌気が差しているなら、いっそのこと諦めてしまって良いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました