「もう一人の自分」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「もう一人の自分」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

世の中では二重人格の存在が語られますが、実在するとも言われる一方で思い込みで作り出しているとも言われます。

普通の人は、もう一人の自分というものをほとんど意識していません。

しかし自分の中にもう一人を意識して作ることが、人生を上手く回す秘訣にもなるのです。

「もう一人の自分」のスピリチュアルでの象徴や意味

ここでいうもう一人の自分とは、別人格というわけではありません。

自分を客観的に見る癖や、自分専用の相談役というふうな意味です。

こうしたもう一人の自分を作り出すことは、毎日のように習慣にしていけば決して難しいことではなくなります。

「もう一人の自分」のスピリチュアルメッセージ

もしこれからもう一人の自分という客観視点を作ることができたら、いろんな良い効果が得られます。

周囲にアドバイスをくれる人がいなくても、自分で自分にアドバイスのメッセージを送ることができるようになるのです。

「もう一人の自分」のスピリチュアル的な解釈

もう一人の自分を作り出すことで、なにかにトライした時も、失敗したときも、最善の解決する道筋を見つけやすくなるでしょう。

今の状況を他人目線で、俯瞰的に見るという行動はとても大切です。

「もう一人の自分」いい意味での解釈

何かに失敗してしまった場合、今回はどうして失敗してしまった?何が原因だったの?どうしたらよいだろう「?と自分で自分に語りかけることで、問題の解決に繋げやすくなります。

もし何かのトラブルがあって周囲があなたを責め立ててきたとしても、もう一人の自分と語り合うことで冷静さを保てるようになるはずです。

できるだけ解決したり自分を励ますという目的に、もう一人の自分を使うことで、精神的によい効果を上げることができます。

「もう一人の自分」悪い意味での解釈

単純な意味でのもう一人の自分ではなくて、完全なる別の人格になりきることには弊害が発生してしまいます。

いわゆる二重人格というのは世間的には変な人、危ない人と見られてしまうし、精神を破壊することにも繋がるためです。

あくまでももう一人の自分とは、自分自身の相談役と設定してください。

いつも心の中だけの存在にしておくのがおすすめです。

まとめ

もし一人ぼっちだとしても、もう一人の自分を意識してみてください。

まず自分で自分自身に問いかけることだけで、もう一人の自分を作り出せます。

一度始めたら毎日繰り返して、その存在を確固たるものにしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました