「もぐら」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「もぐら」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

土の中に住んでいるもぐらは、滅多にお目にかかれない不思議な動物です。

目はほとんど見えないとは言え他の感覚は研ぎ澄まされ、可愛い印象があるのに農業の世界では害獣として板についているのです。

そんなもぐらはスピリチュアルな観点で見たら、どんな存在感を発揮するでしょうか。

「もぐら」のスピリチュアルでの象徴や意味

畑で野菜を食べることはないですが、もぐらが出たらトンネルだらけにされ、畑は荒らされてしまいます。

そのことが影響して、もぐらは敵対者や障害物といったネガティブを象徴している動物です。

庭や畑にもぐらが現れることは、何らかの被害や損失を食らうことも意味しています。

西洋ではもぐらとは盲目の象徴であり、それは表面的な意味よりは、現実が何も分かっていない者のたとえです。

同時にキリスト教に改宗しない者の比喩にも使われて来ました。

「もぐら」のスピリチュアルメッセージ

庭や畑に厄介なもぐらが現れたならば、「身近なところに敵対者がいるよ」というメッセージになります。

そして「悪意を持つ人に被害を受けてしまうからきちんと対応をしよう」という助言にもなっているので、速やかに対応する必要があるでしょう。

「もぐら」のスピリチュアル的な解釈

他の動物はポジティブな解釈が多いのに、もぐらだけはとことんネガティブな印象です。

しかしもぐらを駆除することに成功すれば、それは幸運に繋がることになります。

ただ土の中を自在に動くだけに、実際に駆除するのは骨が折れることかもしれません。

「もぐら」いい意味での解釈

もし罠や道具を使って畑のもぐらを駆除できたなら、悪運はひっくり返って幸運となり、仕事運や金銭運が上がることを意味しています。

そして自宅の犬や猫がもぐらを退治してくれることも、稀にあるかもしれません。

それはあなたにとっての味方の登場を意味するので、実生活で敵対者がいてもやり過ごせる確率を向上します。

見事にペットがもぐらを退治してくれたら、人によって問題解決がなされると解釈ができるでしょう。

「もぐら」悪い意味での解釈

もし畑のもぐらやトンネルの数が多い場合、本質的な問題点が幾つも横たわっていると解釈します。

また野菜の近くにトンネルを掘られた場合、身近に悪意を持つ人が存在して妨害を仕掛けてくることの暗示かもしれません。

放置すると人生が台無しになるので、敵対勢力の確認をして、人に相談したり対策を心がけてください。

まとめ

厄介なもぐらが自宅の土にいることは、敵対者がいたり、被害を受けることの警告のメッセージでした。

適切な対処をすることで、問題をこじらせることも防止できるはず。

まずは庭のチェックをして、自分の人生を振り返ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました