「りんご」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「りんご」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」と言われるように、りんごは栄養が豊富で美味しく、親しみやすい果物です。

そして、身体にいいだけでなくスピリチュアルな世界とも繋がりが深く、そこには様々な意味が隠されています。

りんごには、どのようなスピリチュアルな意味があるのでしょうか。

ここでは、りんごに秘められているスピリチュアル的な意味や解釈を詳しくご紹介します。

「りんご」のスピリチュアルでの象徴や意味

りんごは、スピリチュアルな世界では「タブー」「禁忌」を意味することがあります。

旧約聖書に出てくるアダムとイブは、神様に「この果実だけは食べないように」と言い渡されていましたが、その果実こそがりんごだと解釈されているのです。

結局、イブは蛇にそそのかされ、その実を食べてしまった上に、アダムにも食べるようにとすすめてしまいます。

その結果、2人は知恵を得て、楽園を追放されてしまうのです。

そこから転じて、りんごは「知恵」の象徴ともされています。

「りんご」のスピリチュアルメッセージ

旧約聖書に登場し、「知恵」「禁忌」などを象徴するりんごは、ギリシャ神話や北欧神話にも登場し、そこでは「美のシンボル」「若返り効果のある食べ物」とされています。

美の女神アフロディーテの持ち物の1つとされ、食べることで若さや美しさを保つことができると言われてきました。

さらに、風水ではりんごは人間関係を良好にし、幸せや繁栄をもたらしてくれると言われ、金運や仕事面での成功とも関連があるとされています。

「名声」「最も美しい人」「選ばれた恋」など多くのポジティブな花言葉を持ち、愛や豊かさに関するスピリチュアルなメッセージが込められているのです。

「りんご」のスピリチュアル的な解釈

りんごには様々なスピリチュアル的な解釈があり、その詳細な意味は多岐にわたります。

ここからは、ポジティブな解釈とネガティブな解釈の両方をご紹介しましょう。

「りんご」いい意味での解釈

りんごは「美」「健康」、そして「成功」「財産」などとスピリチュアル的な繋がりがあり、食べることで高いエネルギーを取り入れられると言われています。

また、りんごの花は清純さや純粋さを表し、ピュアで清らかなものの象徴です。

りんごを食べることでエネルギー的にも浄化され、より良い状態に導かれることでしょう。

「りんご」悪い意味での解釈

りんごそのものは、幸せと繁栄を呼び、美と健康に良い影響を及ぼす聖なる果物とされています。

しかし、一方で、旧約聖書で登場したように「禁忌」「タブー」「誘惑」など、魅力的でありながら食べてはいけないものとして描かれたこともありました。

また、日本では実が「ぶら下がる」木は縁起が悪いとされ、そのせいか庭に植えられることは少ないようです。

まとめ

今回は「りんご」のスピリチュアルな意味や解釈をお伝えしました。

秋に一番美味しくなりんごは、美や愛、健康や富などのシンボルであり、聖なる果物です。

りんごに込められているスピリチュアルな意味が気になったときには是非こちらの記事をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました