「アイスが食べたい時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「アイスが食べたい時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

最近、無性にアイスが食べたい時が増えた、そんな時はストレスや疲れがたまっているのかな、と体調の変化を心配する人も多いかもしれません。

体調の変化や気候などの影響が関係することもありますが、スピリチュアルメッセージがこめられているケースもあります。

「アイスが食べたい時」のスピリチュアルでの象徴や意味

幸せホルモンや快感ホルモンと呼ばれるドーパミンが分泌されやすくなるのが、甘いものを口にした時。

甘さたっぷりのアイスを食べたくなるのは幸せだと感じたり、刺激的な瞬間が減ってきていることを意味します。

だからといって今の貴方が幸せではない=不幸というわけではありません。

「アイスが食べたい時」のスピリチュアルメッセージ

アイスが食べたくて仕方ない、それは、今の貴方にとって必要な嬉しい・楽しい・幸せな時間が少し減ってきているサイン。

なにか悩んでいたり、辛く大変なことが続いていないか思い返してみましょう。

難しい悩みや問題もきっとあるでしょう。

今、抱えているものをすぐに全て解決する必要はありません。

今、必要なのはハッピーでポジティブな時間が減ってしまい、疲れている自分自身を癒し、優しくする時間をつくることです。

「アイスが食べたい時」のスピリチュアル的な解釈

現状に満たされない本当の気持ちに気づかせてくれるスピリチュアルメッセージ。

甘い物やアイスが食べたい時は自分自身と向き合う時間が必要ということに気づかせてくれます。

そんな意味があったのかと、さらに落ち込んでしまう人もいるかもしれません。

けれど、気づく、ことが大事なのです。

スピリチュアルメッセージを通して気づけたことでこの先の運気をプラスに変えていけます。

「アイスが食べたい時」いい意味での解釈

アイスが食べたい時間が増えることで今の自分に何が不足しているかを知るきっかけになります。

最近イマイチ気分がのらないと感じていた人なら、あぁこういうことだったんだ、としっくりくることでしょう。

甘い物は幸せホルモンが分泌されやすいので、落ち込んでいた気分を変えることができます。

仕事や家事などで疲れた時などに甘い物が食べたくなる人の心理には、こんなスピリチュアルメッセージもこめられていたんです。

「アイスが食べたい時」悪い意味での解釈

甘い物を口にしたいと感じた時や食べた時には、今の自分の心の状態に気づくことができて、気分転換にもなります。

ただ、心のスキマを一瞬でもうめてくれるからといって、甘い物にだけ頼ってしまいがちにもなるので注意が必要です。

甘い物ばかり食べることは健康にも影響します。

上手にバランスをとること、甘い物だけではなく、夢中になれる新しい趣味など、自分の心を満たしてあげられる方法をみつけることがベストです。

まとめ

日常の何気ない感情や行動にもスピリチュアルメッセージがあります。

悪い意味があってもメッセージが届くことで、気づくことができた、それはとても幸せなことだといえるはずです。

タイトルとURLをコピーしました