PR

「アヒル」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「アヒル」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「アヒル(家鴨)」は愛嬌のある鳥で、キャラクタ化したものに触れる事も多いでしょう。

人に身近な鳥であり、スピリチュアル的にも意味を持ちます。

ここでは、「アヒル」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「アヒル」のスピリチュアルでの象徴や意味

「アヒル」は、カモ科マガモ属の水鳥で、マガモを家禽化したものです。

遺伝子上は、マガモと単一品種です。

利用の歴史は古く、4000年前に中国で始まり、日本への渡来は平安時代から室町時代です。

スピリチュアル的には、水と空に関わりが深いものです。

親に付いて歩く雛の様子や、多数で飼われ鳴き声がやかましい様子から、家庭や友人関係、社交性や自己表現という意味もあります。

「アヒル」のスピリチュアルメッセージ

「アヒル」と接した時の、羽色や振る舞い、あなたの感情などにメッセージは顕れます。

写真や動画、キャラクタ化したイラスト、夢などの場合も、あなたがそう認識したならメッセージです。

「アヒル」のスピリチュアル的な解釈

「アヒル」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「アヒル」いい意味での解釈

「アヒル」に接した時、可愛らしい、愉快、美しい、輝くような白い羽、元気、賑やか、おいしい、といった気持ちを抱いた場合は、良い意味です。

家族や友人との関わりがよく出来ており、そこからパワーが得られている状態です。

あなた独りでは立ち向かえないものも、群れになった「アヒル」のように、力を合わせ取り組めるでしょう。

「アヒル」悪い意味での解釈

「アヒル」に接した時、不気味、怖い、耳障り、苛つく、羽色が汚らしい、といった感情を抱くなら悪い意味です。

あなたの性質が、陰陽五行説における火に属し、水との相性が悪い場合があります。

このような時は、無理に接する必要もありません。

日本で「アヒル」を避けるのは、そこまで難しくないでしょう。

他に、賑やかに鳴いて騒ぐ「アヒル」のような、相手に伝わりやすい自己表現が出来ておらず、むしろそういった事に抵抗を示している場合もあります。

孤高を貫けるタイプなら良いのですが、単に嫌われる事が嫌で、自分を押し込めているだけの場合、やがて無理が出て破綻します。

本心を伝えて嫌われる事はありますが、演じきるだけの自信がないなら、嘘が膨らむ前に自己開示した方が良いでしょう。

それで関係が断たれたとしても、新らたな関係の中に縁はあります。

まとめ

「アヒル」は、水と空に縁があります。

集団でいる事から、家族や自己表現も象徴します。

良い意味としては、家族や友人と関わりパワーが得られている状態です。

悪い意味としては、相性が悪かったり、自分を押し込めている状態です。

演じきる自信がないなら、自分を見せた方が良いでしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする