PR

「アーシング」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「アーシング」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

日々の健康を気遣うのなら、やってみたいのがアーシングです。

アメリカで発祥した健康法で、アーシングとは地球(Earth)と繋がる意味があり、グラウンディングとも呼ばれています。

これを行うことで浄化が進み病気も治ると言いますが、その仕組みや方法などを確かめてみてください。

「アーシング」のスピリチュアルでの象徴や意味

自然の中で裸足になって地面と繋がることが、アーシングの基本です。

現代人は屋外で裸足になる機会がなく、日常生活で悪いエネルギーを溜め込んでいる状態だと言われています。

これをすると身体と大地が繋がり、体内の静電気など悪いエネルギーを流し、大地が持つ良い波動を得ることになり、体内エネルギーのバランスが整えられるとのことです。

アーシングは医学的にも効果はあるとされており、心の面ではストレスや煩悩が解消され精神が安定することになります。

肉体面では免疫力工場、疲労回復、睡眠の改善、血流上昇、生活習慣病の改善に繋がるとのことです。

急にアーシングがしたくなるのは、悪い状態を改善して行くべき時が知らされていると考えられます。

「アーシング」のスピリチュアルメッセージ

もし無性にアーシングしたくなることがあったら、「心身の悪いエネルギーを取り除いて」「浄化を進めて」「病気を改善すべき時だよ」のメッセージです。

すぐアーシングを実践してみましょう。

「アーシング」のスピリチュアル的な解釈

最大限にアーシングの効果を得るならば、それに相応しい方法があります。

もし屋外で裸足になるのが難しい場合でも、代替方法もあるので試してみてください。

「アーシング」いい意味での解釈

毎日のようにアーシングを繰り返すことで、浄化と健康の効果は上がることが期待できます。

1日あたり30分ほどできたらもっとも効果的ですが、わずかな時間でもやれたら良いです。

アーシングと合わせて瞑想やヨガ、ストレッチなどをするのも効果を高めます。

芝生や砂など、怪我をしない上に汚れにくい場所を選ぶのが好ましく、公園などにお出かけするのも良いです。

自宅の庭にちょっとしたアーシングスペースを作れば、日々の浄化と健康に役立つので試してみてください。

もし外での裸足は無理ならば、部屋で静電気を外に出せるアーシングマットを使うことも良いかも知れません。

また自然に手で触れるだけでもアーシングになるので、樹木や草花に触ったり、土いじりをするということでも宜しいでしょう。

「アーシング」悪い意味での解釈

急にアーシングを実践しはじめると、人によっては頭痛がしたりだるくなったりという、好転反応が出る場合があるようです。

まとめ

外で裸足になることで、様々な効果を得られるのがアーシングです。

自宅や公園など自分にとってアーシングしやすい場所を探してみてください。

特にストレスが多い人や体調不良の人は、今からアーシングを始めたら人生は好転するかも知れません。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする
スピリチュアル辞典:DearHome