「ウォーキング」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ウォーキング」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

誰でも簡単にできるウォーキングは、健康のためにはとても効果的な運動です。

日本では戦後にウォーキングが普及しはじめて以来、中高年から若者までウォーキング愛好者が増加しました。

そんなウォーキングをすることは、スピリチュアル的な効果も絶大だと言われているのです。

「ウォーキング」のスピリチュアルでの象徴や意味

日頃からウォーキングをしている人は血流が促進され、生活習慣病などの防止もできて健康になって行きます。

仕事や日常でストレスを溜めていても、ウォーキングでストレス解消になるのは大きな魅力です。

汗とともに毒が排出されるので、とても効果的なダイエットやデトックスになるでしょう。

ウォーキングのスピリチュアルな効果と言えば、体温を上昇し悪いエネルギーを除去することで、心身の波動を高められることです。

それによって日々の悪運も解消されて、幸福な運命に導かれることになります。

「ウォーキング」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたがウォーキングを始めたいと思ったら、「健康を維持することができるよ」とか「悪いエネルギーや悪運を無くして幸福がもたらされるよ」というメッセージです。

これから前向きにチャレンジしてみてください。

「ウォーキング」のスピリチュアル的な解釈

正しいウォーキングをこなすことは、スピリチュアル的にとても重要なことです。

間違ったウォーキングをしてしまうと、運気上昇どころか逆に悪影響が出てしまうので気をつけてください。

「ウォーキング」いい意味での解釈

歩きたいと思った時に実行するのが、もっともウォーキングの波動と開運を上げる効果を得られることです。

週3回以上歩くことが大切で、1回あたりは30~90分程度のウォーキングをするほうが良い効果が高まります。

しかし無理のない距離を歩くようにしてください。

ウォーキングの時には、5~10分程度の休憩ど2~3度入れてみると良いです。

また長距離歩くなら途中で水分補給することで、トラブルの回避をする必要があります。

早朝ウォーキングは開運や波動を高める効果が高まり、朝日の恩恵も得られるのでおすすめです。

自然の中を歩くことで癒やし効果は高まるので、森林公園や河川敷を歩いてみるのも良いでしょう。

1人でも良いですが、2人以上のウォーキングをすることで、楽しい気持ちも高められます。

「ウォーキング」悪い意味での解釈

せっかくウォーキングをしたくなったのに実行しないことは、良い影響を受けられないことを意味しています。

ウォーキングで無理な長距離を歩くのは、運気低下を招いてしまうかもしれません。

自分のできる限度を見つける必要があります。

また空気の悪い工業地帯などのウォーキングは、悪いエネルギーを吸収してしまうのでおすすめできないことです。

まとめ

気軽に始められるウォーキングとは、健康的なだけでなく悪運を払い幸福を得られる運動でした。

ウォーキングは今日からでも始められます。

自宅からや公園でのコースを設定し、準備万全にして挑んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました