PR

「エネルギーの法則」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「エネルギーの法則」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

科学的にも、スピリチュアル的にも、エネルギーは無尽蔵に発生している訳ではなく、一定の法則に従っています。

これを理解する事で、エネルギーをより効果的に利用出来るでしょう。

ここでは、「エネルギーの法則」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「エネルギーの法則」のスピリチュアルでの象徴や意味

科学分野においては、「エネルギー保存の法則」がよく知られます。

一方、スピリチュアルにおけるエネルギーも、近い特性を持ちます。

例えば、人を元気付けてエネルギーを与えれば、相手は元気になるけれど、自分は消耗します。

一方、魂や精神のエネルギーは、物質的な存在ではなく、科学的な法則を超え得るものです。

送り手、受け手双方のエネルギーを足すと、僅かに総量も増加しています。

増加率は、魂が磨かれ、運命のステージが高くなる程に増していくのです。

『新約聖書』でイエス・キリストは、5つのパンと2匹の魚で、5千人を満たしたとされます。

これが、増加率が極度に高い時に起きる事です。

「エネルギーの法則」のスピリチュアルメッセージ

エネルギー変化に伴う時の感情に、メッセージは顕れます。

他人へ与える、他人から受け取るという移動の他、瞑想で自らのエネルギーを高める時に意識される場合もあります。

「エネルギーの法則」のスピリチュアル的な解釈

「エネルギーの法則」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「エネルギーの法則」いい意味での解釈

誰かを元気付けた時、消耗を感じつつも、元気になった相手を見て心が満たされる感じがあるなら良い意味です。

増幅率は僅かですが、与えたエネルギーのリアクションによって自分のエネルギーを高めるという、好循環が発生しています。

多くの人に与える事で、あなたの周囲はポジティブなエネルギーで満たされていくでしょう。

「エネルギーの法則」悪い意味での解釈

誰かを元気付けたり、誰かの為に頑張った後、すっかり消耗して、落ち込み、損した気分になり、ぐったり疲れてしまうようなら悪い意味です。

これは主に、与えるだけの関係になっており、受け取る機会が乏しい事に因ります。

善意や愛情ではなく、義務感で与えていないでしょうか。

エネルギーの増幅は魂、すなわち心のありようが影響するため、それを通さずに送っても増える事はありません。

仮に減衰せず伝わっても、相手とあなたのエネルギー量が逆転するだけで、何も解決しません。

このような時は、自分の心を見つめ直しましょう。

送りたくないなら、送らなければ良いのです。

それを非難する者は、エネルギーを吸い取る存在で、困っている人ではありません。

まとめ

スピリチュアルにおける「エネルギーの法則」では、魂の修行次第で、物理法則を超えていきます。

良い意味としては、与えたエネルギーがリアクションで増幅されていき、好循環が出来上がった状態です。

悪い意味としては、義務感でエネルギーを与えている状態です。

このような時は、自分の心を見つめ直し、気持ちに従って行動しましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする