「オレンジ色」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「オレンジ色」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ミカンを思わせる、明るいカラーが気になる日もあります。

オレンジ色のスピリチュアルパワーを見ていきましょう。

「オレンジ色」のスピリチュアルでの象徴や意味

太陽の光や柑橘系のフルーツの色であるオレンジ色。

スピリチュアルの世界でオレンジ色は「発信する」という意味があります。

多くの人に向かって、自分の存在をアピールしていく色です。

社交性や交流をあらわすカラーなので、気持ちを明るくかき立ててくれます。

天真爛漫な気持ち、人見知りのしない明るい気質をイメージさせる色です。

また温かみのある暖色系のトーンなので、食欲を上げてくれる、傷ついた心を癒してくれるという嬉しいセラピー効果も持っています。

色々なパワーをもつ、人気の色です。

「オレンジ色」のスピリチュアルメッセージ

赤と黄色をミックスさせたオレンジ色。

フレッシュな香りと甘酸っぱい匂いが、どこからともなく漂ってきそうな色です。

オレンジ色は心の扉を開けてくれる、エネルギーの高い色です。

気分を明るくさせるビタミンカラーなので、友達や恋人とさらに仲良くなりたい時に効力を発揮してくれます。

テンションを上げたい時、気持ちを引き上げたい場合にもおすすめです。

企画や発案という作用もあるので、大きな仕事を任された場合にも向いています。

賑やかで明るい日々を楽しみたい時に力を与えてくれます。

「オレンジ色」のスピリチュアル的な解釈

オレンジ色のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「オレンジ色」いい意味での解釈

山の紅葉を思わせるオレンジ色は「励まし、癒し」のパワーもあります。

落ち込んだ気持ちに寄り添ってくれるので、周囲の友達に元気をあげたい時にもおすすめです。

またマイナスの気をプラスに整えてくれるので、心が下がりやすい季節があったら積極的にオレンジカラーを取り入れてみましょう。

色から力をもらい、心の内側から暖まっていけます。

「オレンジ色」悪い意味での解釈

ビタミンカラーであるオレンジ色には、気が散りやすいという意味合いもあります。

落ちつきがなく、ひとつのことに専念しにくくなります。

そのため「真面目に勉強したい」と思う時には避けておきたいカラー。

シーンにあわせて活用してみてください。

まとめ

オレンジ色のスピリチュアルな作用を見てきました。

柑橘の甘い香りを思わせるオレンジには、社交性や屈託のなさというニュアンスがあります。

その日の気分にあわせて、あなたを元気にさせる色を選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました