「ガーネット」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ガーネット」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

赤が印象的なガーネットは、女性に好まれている宝石です。

日本ではざくろ石と呼ばれてきたパワーストーンで、とても良い運を巡らせてくれます。

そんなガーネットは、スピリチュアルでの意味や解釈はどうなっているのでしょうか。

「ガーネット」のスピリチュアルでの象徴や意味

ラテン語のガーネットは種子の意味がある通り、西洋では古くから「実りの象徴」とされてきました。

努力が実ったり、願いが叶うという効果があると言われる宝石です。

そしてこの石には、持つ者の不安を取り除く効果もあるとされています。

また赤い色のガーネットは血の石の別名もあって、人の血液を象徴する石でもありました。

「ガーネット」のスピリチュアルメッセージ

もし肌身にガーネットを着けたなら、「努力が報われるよ」という嬉しいメッセージが得られそうです。

なにかの願いを叶えたい人には、もってこいの石になります。

「ガーネット」のスピリチュアル的な解釈

ただガーネットを身に付けているだけでも運命は変わってきますが、日々目標達成に向けて努力を重ねていくことが重要になります。

その目標は仕事や日常のことでも、人間関係でもなんでもよいです。

そしてガーネットの最大の効果を得るなら、日々布で拭くお手入れを欠かせないことです。

この2つを続けていると、きっとよい結果につながっていきます。

「ガーネット」いい意味での解釈

単純に部屋に飾っておくだけでも、悪い気を吸い取って心身を正常に導くとされる石です。

とくに恋愛面の成就には、ガーネットの効果が高いと言われています。

ガーネットを身に付けて行動すると、いつもより魅力度が高まるだけでなく、運勢も良い方に向かうからです。

そして家庭や会社の人間関係も、ガーネットによって上手く行くことが期待できます。

もしこれからガーネットを身につけるなら、心臓の近くが良いでしょう。

これはガーネットが血の石という別名がある通り、心臓に近いほど願いを成就しやすいと伝わるからです。

身につけることで血流が良くなると言われているので、健康改善を目標にする人も選びたい宝石になります。

「ガーネット」悪い意味での解釈

そんな効果の高いガーネットですが、お手入れをせずにいると汚れて効果が消え失せてしまいます。

人の運勢をネガティブのほうに持っていってしまうので、必ず時々の掃除をしてあげることが大切です。

まとめ

赤くて魅力的なガーネットは、努力が報われ願いが叶うというメッセージを持っていました。

これから日常や恋愛の運勢を上げたい方にはぴったりな石です。

ガーネットを入手して、運勢を変えてみては如何でしょう。

タイトルとURLをコピーしました