「カナブンを殺してしまった時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カナブンを殺してしまった時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

夏や秋によく見かけるカナブンは、縁起の良い虫として好まれて来た存在です。

しかし誤ってカナブンを殺してしまう出来事も、経験した人はいるかもしれません。

ある時は踏み潰してしまったり、またはドアなどに挟んでしまったり。

そうしたカナブンにとって不幸な出来事は、スピリチュアル的に見れば何か良くない兆候であるかもしれませんよ。

「カナブンを殺してしまった時」のスピリチュアルでの象徴や意味

古来より日本では、カナブンは神さまの使いとされて来ました。

カナブンが家に来たり体に止まったりすると、金銭や恋愛やトラブル解決など、あらゆる種類の幸運が訪れると言われてきたのです。

そんなカナブンを間違って殺してしまうのは、せっかくの幸福を自ら消し去ったことを意味します。

あなたにとっての損失、マイナス、不幸の象徴的な出来事です。

またカナブンの死骸はチャンスを逃すという意味を持っているので、殺したことと相乗効果が発揮されてしまうことになります。

「カナブンを殺してしまった時」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが何かの理由でカナブンを死なせてしまったら、「ラッキーなことが起きなくなるよ」「チャンスがなくなるかもしれないよ」というメッセージです。

その時点では運気はガタ落ちになっています。

「カナブンを殺してしまった時」のスピリチュアル的な解釈

ある日誤ってカナブンを殺してしまう出来事に遭遇した場合、その後の対処の仕方で違う未来が待っているかもしれません。

しかし間違った行動をすると良くないことを招くので気をつけてください。

「カナブンを殺してしまった時」いい意味での解釈

何らかの理由でカナブンを殺したなら、その後普段より注意深く行動することで不幸の回避につながります。

例えばいつもより周囲をよく観察したり、いつもより行動を考えながら日々を過ごしてみるのが良いです。

人間関係でも、発言に気をつけるなどが必要になります。

また自宅に転がっているカナブンの死骸については、速やかに片付け土に埋めるなどの行動が大切です。

それによってカナブンの死骸を見る不運は1度だけで済ませることができるでしょう。

またこんな憂き目にあった後には、神社の参拝などの運気上昇の行動をしたり、アイテムを使うことがおすすめです。

「カナブンを殺してしまった時」悪い意味での解釈

家の中や敷地でカナブンを死なせてしまった時、その死骸をずっと放置してはいけません。

何故なら毎日のようにカナブンの死骸を見続けることで、損失は続いてしまうからです。

また夜のカナブンを殺してしまうと、答えが見つからないという不運までも招くかもしれません。

まとめ

間違ってカナブンを殺してしまった場合には、ラッキーなことの損失であり、チャンスを逸失したことを意味していました。

カナブンにとっても人にとっても、不運なことなのです。

運気上昇する行動を取り入れたりして、再び良い流れを引き寄せてみてください。

タイトルとURLをコピーしました