「カマキリの赤ちゃん」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カマキリの赤ちゃん」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

春や夏になれば屋外でも室内でも時々見かけることもあるのが、カマキリの赤ちゃんです。

大きなカマキリの成虫は怖がる人は多いですが、カマキリの赤ちゃんは非常に小さいので、頑張って生きて欲しいという思いが湧いたりもします。

ではそんなカマキリの赤ちゃんは、どんなスピリチュアルな意味を持つ生き物なのでしょうか。

「カマキリの赤ちゃん」のスピリチュアルでの象徴や意味

古来よりカマキリは拝み虫の名があり、天の神さまの使いであると言われてきました。

英語のプレイングマンティスを調べても、「拝む予言者」のような意味があります。

カマキリは出会った人に幸運を運び、カマによって道を切り開くと言われている存在です。

そしてカマキリの赤ちゃんは、むかしから子宝の象徴になって来ました。

そして新しい世界の始まりや、自分や周囲の変化を象徴しています。

卵からは200匹以上の幼虫が同時に生まれますが、夏以降に成虫になれるのはわずか数匹。

そのため競争、生存の意思、サバイバルなども象徴する存在です。

「カマキリの赤ちゃん」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたがカマキリの赤ちゃんと出会うことがあれば、「何か新しい変化が起きるよ」というメッセージです。

そして「競争力や生存力が高めてね」とも伝えられているでしょう。

「カマキリの赤ちゃん」のスピリチュアル的な解釈

どんな状態のカマキリの幼虫を目撃するかによって、未来は違ったものになるでしょう。

ポジティブに繋がることが多いですが、気がかりな暗示も存在しています。

「カマキリの赤ちゃん」いい意味での解釈

一匹のカマキリの赤ちゃんと出会ったならば小さな運気の上昇があり、何らかの良い変化が起きる前触れになります。

無数の赤ちゃんを見た時には、非常に競争力や生存力がとても高まると解釈ができます。

勝負事やスポーツに挑んだら、良い結果が出るかも知れません。

カマキリの赤ちゃんが室内に入って来ているなら、家全体の運気が高まってよい状態です。

家族で何かにチャレンジしたら結果が出そうです。

そして死んだカマキリの赤ちゃんを見つけても、決して悪い意味はありません。

それは何かの物事の終わりであり、良い出来事の始まりを意味するからです。

「カマキリの赤ちゃん」悪い意味での解釈

室内から外に逃がそうとしたけど行方が分からなくなったら、何か人生で迷ったり困惑することになる象徴的な出来事です。

そして間違ってカマキリの小さな幼虫を、死なせてしまうこともあるかもしれません。

踏み潰したり、水に流してしまったり。

そんなことが起きたら、今日は良くない出来事に気を付けてという暗示になっています。

小さな被害かもしれませんが、怪我や事故を警戒して過ごす必要がありそうです。

まとめ

時折見かけることのあるカマキリの赤ちゃんとは、幸福や何らかの良い変化の訪れを意味し、競争力や生存力の高まりも現す虫でした。

出会うことで運気を高めることにもなるでしょう。

春から夏に野原やお花畑を散策するなら、カマキリの赤ちゃんを探してみてもいいですね。

タイトルとURLをコピーしました