「カモノハシ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カモノハシ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

これまでに本物のカモノハシを見た経験を持つ人は、なかなかいないかもしれません。

カモノハシはオーストラリア東部だけに生息する哺乳類で、カモのくちばしにネズミを合わせたような奇妙な姿をしています。

ではカモノハシとは、どんなスピリチュアルな示唆を与えてくれる動物なのかもチェックしてみたいものです。

「カモノハシ」のスピリチュアルでの象徴や意味

アボリジニの神話によれば、カモノハシは邪悪なネズミの精霊と、善良な雌のカモの間に生まれたとされています。

カモノハシは河川や湖などの土に穴を掘ってひっそりと暮らしているために、隠遁者や自由人の象徴的な存在です。

またカモにネズミを合わせたような姿は、発見した西洋人を戸惑わせたので、不思議や奇妙なことの象徴でもあります。

またカモノハシの雄は後ろ足に猛毒を持っていて、痛みで人を苦しめるので危険が隣り合わせなことも意味している動物です。

しかし滅多に見られない姿が見られることで、幸先が良いとか幸福だとの意味もあるようです。

「カモノハシ」のスピリチュアルメッセージ

もし旅行をしてカモノハシに縁があって出会えたならば、「滅多にない良いことが起きるよ」とか「孤独で自由な時間を大切にして」といったメッセージがあります。

そして「毒には気を付けて」というアドバイスもあるようです。

「カモノハシ」のスピリチュアル的な解釈

実際にカモノハシが目撃できる確率は低いですが、実現した場合はその行動から自らの未来を読み解けます。

そしてカモノハシについては、良くない解釈も存在するので注意が必要です。

「カモノハシ」いい意味での解釈

旅行に行ったオーストラリアでカモノハシが泳いでいる様子が目撃できれば、自由に過ごしてストレスを解消するべきことが示されているようです。

また複数のカモノハシを目撃すれば、あなたの喜びは大きくなるし、幸運なエネルギーは高まるでしょう。

オーストラリアで確実にカモノハシを見るなら、動物園にお出かけするのが良いです。

日本で生きたカモノハシに遭遇する機会はないですが、ぬいぐるみを飾ることによってカモノハシが持つスピリチュアルな効果を得られるかもしれません。

カモノハシの絵や写真を飾ってみることも、縁起がよいと考えられます。

「カモノハシ」悪い意味での解釈

もし万が一野生のカモノハシの死骸を見たら、きっと誰もが不吉な前兆であると思ってしまうでしょう。

しかしそれが事実だとしても、動物の死とは物事の終わりであり、始まりも意味していますので、ネガティブだけに囚われる必要はないです。

カモノハシのぬいぐるみを飾るなら、ホコリまみれや汚れた状態になったら運気の低下を招くことには気を付けてください。

まとめ

不思議なカモノハシとは、良いことの暗示だったり、孤独な自由の時間を大切にすべきことの現れでした。

実物にはオーストラリアでしか出会うことができないので、ぜひカモノハシのいる動物園を訪ねるコースにしてください。

そして日本では、カモノハシのぬいぐるみを入手して運気を上げてみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました