「カラスに襲われる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カラスに襲われる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

これまでに急にカラスに襲われてしまったという、困った経験をした人もいるでしょう。

襲われた時には何故どうしてと混乱してしまいますが、カラスにもきっと事情があったはず。

ではスピリチュアル的に見て、カラスに襲われる出来事はどんな解釈ができるかは気がかりです。

「カラスに襲われる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

よく知られる通り、カラスとは日本では神さまの使いで、幸福をもたらす縁起の良い動物です。

一方で海外では不吉や予知の象徴になっていたりもします。

そんなカラスが人を襲う場合は、ヒナを育てている巣に近づき過ぎたとか、誰かに意地悪されたことの仕返しかもしれません。

何もしていないのに襲われるのは理不尽ですが、それは警告の意味を持っていると解釈ができます。

近い将来に失敗したり、対人関係でトラブルになったり、事故に見舞われるということです。

そのためカラスに襲われたなら、身近な危険を警戒したり行動を制御するのがよいとされています。

「カラスに襲われる場合」のスピリチュアルメッセージ

もし何も刺激してないのにカラスに襲われた場合のメッセージは、「いま悪い気が取り巻いているから気をつけて」です。

また場合によっては「今は行動を止めて様子を見て」というものがあります。

「カラスに襲われる場合」のスピリチュアル的な解釈

一見するとカラスにいきなり襲われるのは不幸な現象ですが、実はポジティブなほうに解釈をすることができます。

しかし襲われた後にどうするかによって、あなたの運勢は悪い方に転がる場合もあるでしょう。

「カラスに襲われる場合」いい意味での解釈

カラスに襲われたけど怪我をしなかったのは、それがあなたのためになる警告であった証拠になります。

もし神社でカラスに襲われたなら、とても吉兆であると考えてよいことです。

何故なら神域で神の使いに襲われたわけなので、神さまにアドバイスを受けたのと同じと考えることができます。

カラスに襲われた時にカーカーと鳴き声を出した場合は、むしろ瑞兆と捉えるほうが正解です。

「カラスに襲われる場合」悪い意味での解釈

カラスに襲われたにも関わらず、無視してしまうことは、あなたの中に悪い気が循環していることを意味しています。

本来は気をつけなきゃと思うところを、無視してしまったわけですから。

その結果物事が悪い方に流れてしまったら後悔するかもしれませんね。

まとめ

いきなりカラスに襲われたらびっくりしますが、それは多くの場合警告の意味があることがわかりました。

回避のアドバイスを受けたことになるので、カラスを恨む必要などありません。

いつもより周囲に気を配って、悪運を回避したいものですね。

タイトルとURLをコピーしました