「カラスの大群」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カラスの大群」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

電線や神社などで、数多くのカラスが行動している姿を見かけることがあります。

カラスの大群はやかましい上に、攻撃的だったりするので近寄りがたいものがありますよね。

しかしスピリチュアルな視点では、カラスの大群には見る人に関係する特別な意味があるようです。

「カラスの大群」のスピリチュアルでの象徴や意味

古くからカラスは八咫烏(やたがらす)の伝説が表すとおり、天皇を導いた、太陽を象徴する動物でした。

そのためカラスとは幸福をもたらす神の使いであり、カーという鳴き声が魔除けの象徴であったのです。

しかし欧州では魔女の使いであり、預言者の象徴であり、不吉の前触れだとも言われていました。

そんなカラスが大群でいることは、実際には秋から冬にかけての野性的な本能です。

群れて行動することで餌を協力して取ったり、仲間同士で警戒を強める意味があります。

そのためスピリチュアルで解釈しても、多くの場合は神さまからの警告の意味だと信じられてきました。

「カラスの大群」のスピリチュアルメッセージ

もし目の前にカラスの大群が現れたならば「これからよくないことが起きるから警戒してね」というメッセージです。

不吉な予言ではありますが、カラスの助言に耳を傾ける必要があります。

「カラスの大群」のスピリチュアル的な解釈

大群でいるカラスは、なにも不吉なことを伝えているばかりではありません。

カラスの大群の行動によって、人は未来を占って災難から逃れることもできるからです。

カラスの群れをよく見て解釈をしてみましょう。

「カラスの大群」いい意味での解釈

大群でカーカーとうるさく鳴き続けているなら、それは警戒してというメッセージであると同時に、強力な魔除けとして作用しているでしょう。

悪運に取り憑かれている人なら、それが吹き飛ぶかもしれません。

またカラスは仲間を呼ぶ動物なので、引き寄せの力を持つと解釈ができます。

カラスの大群を見たなら、仲間で集まって何か幸福なことを成し遂げられることの前触れかもしれません。

「カラスの大群」悪い意味での解釈

むかしからカラスの群れは災厄の前触れと信じられてきましたが、特に夜に大勢で鳴いている場合は近いうちに大地震が起こる前兆と言われます。

カラスは地球の磁場をはじめとするエネルギー場を見分けるので、地震予知が可能になっている可能性があるのです。

カラスの群れの不安な鳴き声が止まらないなら、数日間は警戒して過ごす必要があります。

まとめ

目の前にカラスの大群が出てくることは、良くないことの発生の警戒を示すメッセージでした。

何よりカラスが大勢で鳴いたら地震が起きるというのは、地震多発国の住人としては気がかりなこと。

カラスが大群で騒いでいないか、観察してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました