PR

「カルガモ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カルガモ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

水辺の野鳥と言えば、カルガモを思い浮かべます。

昔は「軽の池」と呼ばれたカルガモは全長50cmを超えるほど大きな鳥で、池や川では親子で列をなして進む姿が微笑ましいです。

そんなカルガモはスピリチュアルでは開放に繋がる意味を持っているものでした。

「カルガモ」のスピリチュアルでの象徴や意味

カルガモを含む全てのカモの種類は、水辺での自由を象徴し、幸福の訪れを暗示してくれている鳥です。

そしてカモはスピリチュアルでは、呪縛からの開放という意味を持っています。

これはヒナの時から危険な水面で育つカモが、大人になったら独立し空中へと飛び立っていくことが理由でした。

そしてカルガモは現在の悩みからの開放を暗示するものであり、行動に移すべきことを伝えている存在です。

「カルガモ」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが水辺などでカルガモに出会ったら、「幸せなことが起きるよ」とか「悩みから開放されて」というメッセージです。

悩みの解決に動いてみてください。

「カルガモ」のスピリチュアル的な解釈

出会うことになったカルガモが、どんな行動をしているかで違った意味になっています。

カルガモの暗示を読み取って、未来を占ってみるのが良いでしょう。

「カルガモ」いい意味での解釈

もしカルガモが水から飛び立つ姿を見たら、運勢は上昇に向かっていることの暗示です。

恋愛でもスポーツでも仕事でも、チャレンジをすることで成功を掴める時が来ているかもしれません。

カルガモのつがいを見ることがあったなら、恋愛運の向上や良好な関係を意味しています。

もし独り身ならば、出会いを求めてみると良い結果に繋がりそうです。

カルガモの親子に遭遇することがあれば、それは縁のある人との出会いの暗示になっています。

行動すれば運命の人に会えるのかもしれません。

水辺でカルガモの死骸を見ることがあれば、これまでの古い自分に終わりを告げ、新たな場所に向っていくべきサインです。

「カルガモ」悪い意味での解釈

鴨の子はしばしば親鳥からはぐれ、命の危険にさらされてしまいます。

そんなはぐれたヒナを見ることは、トラブルに気をつけてという暗示になっているかもしれません。

まとめ

水辺によくいるカルガモとは、幸せをもたらし、悩みからの開放をうながす存在でした。

親子のカルガモにも、良い意味があったようです。

今後はカルガモとの出会いをきっかけにしてみてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする