「カレー」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カレー」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

辛いカレーを食べたくなる場合があります。

カレーのスピリチュアルな作用を見ていきましょう。

「カレー」のスピリチュアルでの象徴や意味

エキゾチックなカレーは、スピリチュアルの作用が高い食べ物です。

とくに数種の香辛料が入った本場のインドカレーには、体内の毒素を外に追い出す役目があります。

疲れが取れないときにカレーを食べたくなるのは、こうした陽の働きがあるからです。

また魂を浄化してくれる作用もあるので、汚れた気を整えてくれます。

魂のデトックスに貢献してくれるのが、魔法の食べ物であるカレーです。

「カレー」のスピリチュアルメッセージ

ターメリックやコリアンダーなど、数種のスパイスが入ったカレー。

刺激的な味わいのカレーを食べると、心の中にある穢れが外に流れていきます。

精神統一しやすいボディになって、目の前の課題にまっさらな気持ちで向き合えるようになります。

「ストレスを解消する」というジンクスもあるので、カレーを食べると運動した後のようにすっきりした心持ちになれます。

スピリチュアルな作用を高めたいときは、冷たいカレーより熱々のカレーを食べて体の芯から元気になっていきましょう。

「カレー」のスピリチュアル的な解釈

カレーの良い解釈と、悪い解釈を見ていきましょう。

「カレー」いい意味での解釈

カレーを食べると、魂が浄化されていきます。

思い出したくもない光景、振り返りたくない情報があなたの記憶から抜け出るようになります。

嫌な記憶がリセットされていき、代わりに幼少期の楽しい思い出で埋め尽くされるようになります。

ポジティブで明るい気持ちが宿って、とても良い夢を見られるようになっていきます。

同じことを繰り返し考えてしまい、嫌な気持ちから抜け出せないときは、ぜひカレーを美味しく食べてみてください。

ひと皿全部食べ終わる頃には、きっと満面の笑顔が戻っているはずです。

「カレー」悪い意味での解釈

カレーを食べたのに嫌な気分が拭えない場合は、魂の浄化が終わっていない可能性があります。

また調合されているスパイスが、気質に合っていないことも考えられます。

別の日に他のお店のカレーを食べてみるなど、口に入れるカレーの種類を変えてみましょう。

心から美味しいと思えるカレーに巡り会えれば、きっとあなたの気分も良くなっていきます。

まとめ

カレーのジンクスを見てきました。

数種類のスパイスが入ったインドカレーには、魂の浄化やデトックスという作用があります。

明るい意味を知って、幸せな暮らしに役立ててください。

タイトルとURLをコピーしました