「カレーが食べたくなる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カレーが食べたくなる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

むかしから日本に定着しているカレーは、誰もが時々食べたくなるです。

日本にはイギリス人を通じて1868年に伝来し、多数の香辛料の独特な味わいで人々を魅了してきました。

そんな愛されて止まないカレーとは、実はスピリチュアルフードの代表格と言われているのはご存知ですか。

「カレーが食べたくなる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

カレーとはエネルギーを高め、魂を浄化させる食べ物です。

ターメリック、シナモンなど10種類以上のスパイスが使われているため、食べる漢方薬のようだと言われています。

それぞれのスパイスは心身の健康を高めたりデトックスの効果があり、特にクルクミンは抗酸化作用が高く抗がん効果があることで知られます。

カレーを食べたくなるのはストレスで怒りや苛立ちが高まるなど、精神を病んでいる時です。

そしてカレーが食べたいのは、体調が悪くなる前兆現象と言われ、体が危機感の現れになります。

疲労が溜まった時や元気が必要な時にも、自然と波動の高いカレーを求めるようになっているようです。

「カレーが食べたくなる時」のスピリチュアルメッセージ

もし急にカレーを食べたい欲求が出たなら、「精神の正常を取り戻して」「病気になりそうだから力をつけて」「元気を出して」というメッセージになります。

心身と運気の好転にはぴったりな食べ物です。

「カレーが食べたくなる時」のスピリチュアル的な解釈

ある日無性にカレーが食べたい時、そのメッセージに従うことが吉と出ます。

しかしカレーを食べたい気持ちを無視したり、飽きてしまうことには気を付けてください。

「カレーが食べたくなる時」いい意味での解釈

定期的にカレー料理が食べたいのは、心身の病気から身を守りデトックスをしたい意識が定着していことの現れです。

毎日食べたくなるのも波動を高め健康を維持することになるし、数日に1回や週に1回くらいの頻度で食べたくなるのも健康を維持することに繋がります。

またカレーが食べたくなる時は、美味しいオリジナルカレーを作ることで運気上昇に繋がるでしょう。

カレーを食べる時には、他の食品の栄養素も組み合わせて相乗効果を得られるはずです。

魚や鶏肉などのタンパク質、生野菜や果物のビタミン類を合わせて食べることで波動を高めてみてください。

お金が溜まって縁起がよいと言われる福神漬を、カレーに合わせて食べてみるのもおすすめします。

「カレーが食べたくなる時」悪い意味での解釈

そんなカレーが食べたいという欲求を無視すると、精神の苦痛が増えたり、風邪をひいてしまったりと良くない状態を引き寄せてしまうかもしれません。

またもカレーは日々食べていれば飽きてしまうものですが、飽きることはカレーのパワーや健康といった好影響を貰えないことを意味しており、心身の波動低下につながってしまうでしょう。

まとめ

美味しいカレーを欲してしまうのは、精神の正常を取り戻すことや、病気になりそうというサインだと分かってきました。

カレーは抗酸化作用が高く体の免疫を高めるスピリチュアルフードです。

食べたい気持ちを無視してはいけませんよ。

タイトルとURLをコピーしました