「カーテンが揺れる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カーテンが揺れる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

突風が吹いたように、布が動くことがあります。

カーテンが揺れる時のジンクスを見ていきましょう。

「カーテンが揺れる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

風がないのに、ひらひらと布が舞うことがあります。

寝室やリビングのカーテンが揺れると、ホラー映画を見ているようで怖くなります。

スピリチュアルの世界でカーテンが揺れる時は「エネルギーの移り変わり」をあらわします。

とくに停滞している負のエネルギーが、ほかの空間に引っ越しする時にカーテンが揺れることが多いです。

目には見えなくても、私たちの周りには多くの力が働いているもの。

聖なる力が働いているからこそ、元気に生きられることもあります。

「恐い」と感じず、むしろ「良かった」と思って、明るく過ごしてみてください。

「カーテンが揺れる時」のスピリチュアルメッセージ

薄いレースのカーテンが、小刻みに揺れることがあります。

何かの圧を受けて大きく広がったり、窓の方に向かって押し潰されたりします。

風もないのに風鈴のように揺れるのは、マイナスの気が外に流れているからです。

あなたを元気にしようと、精霊たちが力を集めています。

「風の力」が開運につながる大きな鍵を握っているので、閉じていた窓を開けて、風通しのいい空間をつくってあげてください。

フレッシュな風と一緒に、よどんだエネルギーが無くなっていきます。

清々しい気持ちを取り入れていきましょう。

「カーテンが揺れる時」のスピリチュアル的な解釈

ふわりとカーテンが揺れる時の、いいお告げと注意点を見ていきましょう。

「カーテンが揺れる時」いい意味での解釈

カーテンが揺れるのは「いい運気を呼び込む」前段階としてあらわれます。

いらない運気を追い払っているので、自然とラッキーなことに出会いやすくなります。

そのため転職、引っ越し、進学など「新しいステージに進む時」には絶好のタイミングです。

いいエネルギーに脱ぎ変えて、楽しい毎日にしていきましょう。

「カーテンが揺れる時」悪い意味での解釈

部屋の布が揺れて、不安な気分になることがあります。

遠くに暮らしている家族や親戚があなたに会いたがっていると、物が揺れることがあります。

直接会うのが難しいのなら、電話をしてみましょう。

「いつでも思っている」という愛情を送るだけでも、心の交流をしていけます。

遠くの人に思いを寄せて、あなたも幸せになってください。

まとめ

カーテンが揺れる時のジンクスを見てきました。

空間の布が揺れるのは「エネルギーのお掃除」をあらわします。

明るい気付きを得て、ハッピーな日々を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました