PR

「カーテンを洗う」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カーテンを洗う」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

大掃除は、思わぬ汚れに驚き、綺麗になった様子を見て、さっぱり良い気持ちになります。

カーテンの洗濯も、そんな発見が出来るものの1つです。

カーテンの洗濯は、スピリチュアル的にどんな意味があるのでしょう。

ここでは、「カーテンを洗う」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「カーテンを洗う」のスピリチュアルでの象徴や意味

人間であれ物であれ、水で洗う事は、禊ぎ、すなわち厄払いの意味を持ちます。

一方、カーテンは、日常的に部屋の中にあり、あなたの運気の流れに曝されている状態です。

良い運気は流れているものであり、こびり付いて沈着すると、澱んで悪くなっていきます。

汚れたカーテンは、そういった、悪くなった運気が蓄積した状態となります。

これを洗い流す事で、運気は改善され、再び運命の流れが安定するでしょう。

「カーテンを洗う」のスピリチュアルメッセージ

カーテンを洗おうと思う時、洗った時、洗った後の感情にメッセージは顕れます。

洗濯機の中での挙動として顕れる場合もあります。

カーテンの大小や形式は様々ですが、あなたが「カーテン」と認識しているなら、それはメッセージです。

「カーテンを洗う」のスピリチュアル的な解釈

「カーテンを洗う」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「カーテンを洗う」いい意味での解釈

カーテンを洗った事で、すっきりと綺麗になり、光も良く入り、空気が澄んだ感じ、気持ちが軽くなった、かけた後風が通り抜ける、といった場合は良い意味です。

澱んだ運気が洗い流され、運気が改善された状態です。

運命が良い流れになっているため、何をするにも良いでしょう。

年末の大掃除であれば、翌年に穢れを持ち越さず、良い一年の始まりとなります。

大掃除と関係ないタイミングでカーテンを洗いたいと思ったなら、カーテンの澱んだ運気を感知した状態です。

感覚を信じて洗濯すると良いでしょう。

「カーテンを洗う」悪い意味での解釈

「カーテンを洗う」のは、洗わないのと比べれば、確実に良い事です。

ただ、カーテンを洗った事で、カーテンが破れる、汚れが洗濯槽にこびり付く、洗っても全然綺麗にならない、かける時にレールを破損する、フックが破損して足りない、といった状態を放置するのは、良くありません。

このような時は、洗い直したり、直せる部分は直し、無理なら買い替えましょう。

安物でも、破損、汚損したカーテンよりはマシです。

まとめ

「カーテンを洗う」事は、運気の流れを戻す禊ぎの意味があります。

良い意味としては、運気が改善されたという顕れです。

悪い意味はあまりありませんが、洗う中で壊れたり、汚れが残ったものをそのまま使うのは良くありません。

洗い直しや修理、買い替えなど、適切に対応しましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする
スピリチュアル辞典:DearHome