「カーネリアン」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カーネリアン」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

とてもポジティブなエネルギーを秘めたカーネリアンは、誰もが手にしてみたいパワーストーンです。

赤やオレンジの色をしているため、ラテン語の肉(carnis)を語源とし、日本では紅玉髄(べにぎょくずい)と呼ばれてきました。

カーネリアンが持つ、スピリチュアル的な威力とはいったいどんなものなのかに迫ります。

「カーネリアン」のスピリチュアルでの象徴や意味

むかしからカーネリアンは負のエネルギーから身を守ることに役立ち、浄化作用に優れていると評判でした。

これは肉体にも精神にも好影響を与えるものです。

古代の欧州では戦士が幸運と活力を得るため、これを身に付けていました。

あのナポレオンもお気に入りの石でした。

カーネリアンは情熱、やる気、根性、想像力、金運を高めてくれるので、所有者を成長させることでも知られる存在です。

男性性や女性性を向上させるので、男女の出会いを求めたり愛情を育む上でもぴったりな石になります。

「カーネリアン」のスピリチュアルメッセージ

あなたがある時からカーネリアンを身近に置いたり身に付けたなら、「邪気を払い幸運や活力をあたえるよ」というメッセージを受けることになります。

また「持ち主の情熱と能力を高めるよ」というメッセージもあるでしょう。

「カーネリアン」のスピリチュアル的な解釈

誰が最も好影響をもたらすカーネリアンですが、是非とも手に入れたほうがよいタイプがいます。

自分はカーネリアンを持つべきなのかどうか、よく検討してみることが大切です。

「カーネリアン」いい意味での解釈

想像力と能力を高めるので、とくに建築や芸術の分野の人にはぴったりなのがカーネリアンです。

シンガーズストーンと呼ばれているので、特に歌手やそれを志す人にはおすすめします。

歌うだけに留まらず演説の力も高めるので、ビジネスマンにとっても魅力ある石です。

スポーツ選手が身につける場合、能力を引き上げることができると言われています。

カーネリアンは身体の血液や循環器系に特に好影響を与え、うつ病を改善する効果に優れているといいます。

病気をわずらってエネルギーが低下している人は、ぜひ身に付けてみてください。

「カーネリアン」悪い意味での解釈

とても強いパワーを持ったカーネリアンなので、身につけると心身に影響が及んで頭痛や体調不良を起こすこともあります。

身につける場合は長時間は付けないなど様子を見ながらにしたり、部屋に置くだけにするなど工夫してみると良いです。

まとめ

赤が魅力のカーネリアンは、邪気を払ったり幸運さや能力を高められる石でした。

あらゆる意味で好影響が得られそうな予感がしませんか?カーネリアンを使ったネックレスや指輪などを手に入れてみたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました