PR

「カーネーション」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「カーネーション」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「カーネーション」は、母の日と密接に結び付いています。

人の様々な感情を受ける花は、スピリチュアル的に様々な意味を持ちます。

「カーネーション」も例外ではありません。

ここでは、「カーネーション」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「カーネーション」のスピリチュアルでの象徴や意味

「カーネーション」は、ナデシコ科ナデシコ属の多年草です。

地中海沿岸原産で、イスラム教のモスクの装飾模様にも使われる、神聖な花でした。

その後、母の日のシンボルとなった事から、母が子に、子が母に向ける愛情や優しさを象徴する意味も足されました。

母の日や「カーネーション」のプレゼントは、20世紀にアメリカで運動家が始めた歴史の浅いものですが、多くの人が共感した事で、パワーを持つに至っています。

「カーネーション」のスピリチュアルメッセージ

「カーネーション」に接した時の感情にメッセージは顕れます。

送り主との関係性、色などにも影響を受けます。

生花に限らず、造花やイラストなども、あなたが「カーネーション」と認識するならメッセージです。

「カーネーション」のスピリチュアル的な解釈

「カーネーション」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「カーネーション」いい意味での解釈

「カーネーション」に接した時、温かみ、可愛らしさ、美しさ、思わず笑みが浮かぶ、といった場合は良い意味です。

悪いものが遠ざけられ、慈しみと愛の力で、体内の運気が高まっています。

多少の無理もきく、パワー溢れる状態です。

母の日として、贈られたものであれば、一層大きなパワーとなります。

「カーネーション」悪い意味での解釈

「カーネーション」に接し、はっきりしない形、地味、くすんで見える、好みではない、つまらないもの、といった感覚を抱くならあまり良い意味ではありません。

「カーネーション」と相性が悪い状態で、パワーが得られていません。

もっとも、花の好みはそれぞれなので、無理に好きになる必要はないでしょう。

好みではないなら、母の日、子供から貰った時にあまり喜べないとしても、気に病む事はありません。

別の機会に、好きな花について話せるような、会話の場を持つと良いでしょう。

まとめ

「カーネーション」は、モスクの装飾模様にも使われる神聖な花である一方、母の日のイメージで、愛や優しさも象徴します。

良い意味としては、悪いものが祓われ、愛情を受け、パワーが高まった状態です。

悪い意味としては、好みではなくパワーが受け取れていない状態です。

好みはそれぞれなので、無理に好きになる必要はありません。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする
スピリチュアル辞典:DearHome