「ガスが溜まる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ガスが溜まる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

お腹が張って苦しいなど、不調が気になることがあります。

ガスが溜まる時のジンクスを見ていきましょう。

「ガスが溜まる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

風船のようにお腹が張って、重だるい気分になることがあります。

おならが出たり腹部がモゾモゾしたり、落ちつかなくなります。

スピリチュアルの世界でガスが溜まる時は「もうすぐ、運気が上がっていく」というお告げです。

ガスが溜まっているのは、一時的なエネルギーの滞留をあらわします。

心に色々ないたずらをするので、ついネガティブな方に引っ張られる日もあるかもしれません。

けれどもガスはずっと留まらず、いずれは外に押し出されていきます。

少し時間はかかるかもしれませんが、あなたの運命も明るく動き出しています。

あまり気に病まないようにして、明るく日々を過ごしていきましょう。

「ガスが溜まる時」のスピリチュアルメッセージ

お腹にガスが溜まっているのは、遅咲きの幸せをあらわします。

植物に例えるのなら、地中に埋まって少しずつ芽を出そうとしている段階です。

季節が変われば芽が出て青々とした葉っぱが茂るように、あなたの環境も色鮮やかになっていきます。

明るいエネルギーが加わって、どこを見ても満足できる人生に移り変わっていくでしょう。

両ひざを抱えるストレッチをしたり、食物繊維のある食べ物を選んだり、少しの工夫をして健やかな日にしていきましょう。

大らかな気持ちでお腹の張りと付き合ってあげてください。

「ガスが溜まる時」のスピリチュアル的な解釈

ガスが溜まる時のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「ガスが溜まる時」いい意味での解釈

嫌なガスが溜まるのは、少しずつ運気が好転しているサイン。

悪いエネルギーを流そうとする過程で、ガスが発生することもあります。

お腹が張っていると体全体も重たく感じてしまいますが、楽しい気分転換をはさみながら、このような期間を楽しんでみてください。

「ガスが溜まる時」悪い意味での解釈

ガスが溜まってしまい、ストレスを感じることもあります。

お腹と心は、実は密接につながっている間柄。

心が窮屈さを感じていると、お腹の乱れが出てくることもあります。

どこかで無理をしていないか、日常を振り返ってみましょう。

軌道修正をしていき、小さな喜びを見つけていきたいです。

まとめ

ガスが溜まる時のジンクスを見てきました。

お腹が張ってしまうのは、運気が好転するサインです。

気だるさは少しずつ取れていくので、明るく楽しく大らかに過ごしてください。

タイトルとURLをコピーしました