「ガネーシャ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ガネーシャ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

何処かでガネーシャという名を耳にしたことがあったでしょうか。

ガネーシャとはインドの中心のデカン高原で信仰される神さまです。

4本腕と像の頭を持つ姿が特徴的で、「群衆の主」という意味があります。

実は日本では歓喜天(かんぎてん)として、中世に伝わっていました。

今回はガネーシャが持っている、スピリチュアルな効果に迫ります。

「ガネーシャ」のスピリチュアルでの象徴や意味

神話では父親のシヴァ神によって頭を落とされた後、像の頭を付けられ復活した神だとのことです。

元は障害をもたらす悪神でしたが、時代を経てあらゆる障害を除去してあらゆる利益をもたらす神さまになりました。

とても厄除けの力が強いので、インドでは新たに商売を始める時には欠かせない存在です。

また富をもたらす神としても知られ、商売繁盛や財運向上のご利益もあると言います。

同時に学問の神さまでもあり、人に知恵をさずけて試験の合格をもたらすと信じられて来ました。

「ガネーシャ」のスピリチュアルメッセージ

あなたがインドのガネーシャに祈願することには、「悪いことを取り除いて幸福をもたらすよ」「成功と繁盛をもたらすよ」といったメッセージがあります。

人生で成功を獲得したい人が拝んでみたい神さまです。

「ガネーシャ」のスピリチュアル的な解釈

これからガネーシャのご神徳を得るなら、幾つかのやっておきたいことが幾つかあります。

その方法を組み合わせることで、ガネーシャのご利益を高めてみてください。

「ガネーシャ」いい意味での解釈

各地にあるガネーシャのお寺を参拝することは、ご利益を得る方法の1つです。

日本では埼玉の歓喜院など全国に存在しています。

もしガネーシャを信仰するなら、何をするにしてもガネーシャに祈りを捧げることで成功につながるとのことです。

自宅や店先にガネーシャ像を置くことによって、その御利益を高められるとのことです。

お部屋にガネーシャの絵画を飾ることや、小さなガネーシャカードを持っていることでも同じ効果があります。

そしてガネーシャのマントラや真言を唱えることで、厄祓いができてご利益を得られるとのことです。

「ガネーシャ」悪い意味での解釈

手に入れたガネーシャ像や歓喜天像をホコリまみれにしたり、壊してしまったりすれば運気を低下させることになると言われています。

必ず綺麗に大切に飾っておかなければいけません。

またマントラを唱える時には、身を清めなければ効果は薄くなるので気を付けてください。

まとめ

古来よりインドで親しまれてきたガネーシャは、祈願すれば厄除けや幸福や成功をもたらすありがたい神さまでした。

日本でも歓喜天を御本尊にしているお寺は各地に存在します。

まずはお寺にお参りに行ってみるのも良いですね。

タイトルとURLをコピーしました