「キャッツアイ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「キャッツアイ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

美しいツヤと光沢を持つキャッツアイ。

光を当てると線状に光の帯が浮かび上がり、それがまるでネコの目のような模様に見えることからそう呼ばれるようになりました。

一般的にキャッツアイと呼ばれ流通しているものはガラス製の人工の天然石であることが多く、本物のパワーストーンはクリソベリル・キャッツアイを指します。

ここでは、そのクリソベリル・キャッツアイが持つスピリチュアルな意味やメッセージについてご紹介しましょう。

「キャッツアイ」のスピリチュアルでの象徴や意味

クリソベリル・キャッツアイは、「第三の目」を象徴する石です。

何が正しくて何が間違っているかを見抜くのを助けてくれるパワーストーンとして重宝されてきました。

古代ローマでは、キャッツアイを眉間に押し当てることで、未来を見通す力を得られるとされ、原産国であるスリランカでは「悪魔から身を守るお守り」として身につけられたと言われています。

「キャッツアイ」のスピリチュアルメッセージ

クリソベリル・キャッツアイの石言葉は「守護」「慈愛」です。

先述の通り、クリソベリル・キャッツアイにはお守りとしての効果があり、思考力や直観力を高めてくれるパワーがあります。

また、気持ちや思考をポジティブにしてくれるとされ、さらには良縁を引き寄せてくれる万能なパワーストーンです。

また、人工のガラス製パワーストーンであるキャッツアイにも、癒やしの効果や金運アップの効果があるとされています。

「キャッツアイ」のスピリチュアル的な解釈

美しく、昔から人々を守ってきたキャッツアイですが、スピリチュアル的な観点から見たときには良い解釈も悪い解釈もあります。

ここからは、キャッツアイスピリチュアル的な解釈をご紹介しましょう。

「キャッツアイ」いい意味での解釈

クリソベリル・キャッツアイは、マイナスエネルギーを取り除き、持ち主のエネルギーが流出するのを防いでくれる効果もあるとされています。

持ち主の身を守り、予見力を授け、成功に導いてくれるエネルギーの高い石です。

ガラス製のキャッツアイも、持ち主に幸せを運んできてくれると言われています。

「キャッツアイ」悪い意味での解釈

天然のクリソベリル・キャッツアイも、市場によく流通しているガラス製のキャッツアイも、ネガティブな意味を持つストーンではありません。

しかし、天然のキャッツアイは、独特の高い波動を持つ石です。

そのため、持ち主と波長が合わないときにはその実力を発揮できなかったり、持ち主がクリソベリル・キャッツアイに振り回されてしまうこともあります。

まとめ

今回は、キャッツアイが持つスピリチュアル的な意味やメッセージをご紹介しました。

キャッツアイには、天然のものとガラス製の人工のものがありますが、どちらも持ち主に幸運をもたらしてくれます。

キャッツアイが持つ意味や効果が気になったときには、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました