「クラゲ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「クラゲ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

水族館でクラゲを見ると、不思議な気持ちになることがあります。

クラゲのスピリチュアルサインを調べていきましょう。

「クラゲ」のスピリチュアルでの象徴や意味

大きな体でふわふわ浮かんでいるクラゲ。

水に漂うクラゲを眺めていると、気持ちが落ちついていきます。

クラゲはスピリチュアルパワーが高い生き物のひとつ。

強力なヒーリング作用があるといわれています。

神様と高次元で繋がっているため、同じ空間にいるだけで、魂が洗い流されていく感動を覚えます。

エネルギーを調整してくれるので、過去の苦しみ、そして現世の苦みを薄めてくれ、平和で落ちついた魂に整えてくれます。

クラゲを見て心が丸くなるのは、ヒーラーとしての力があるからです。

「クラゲ」のスピリチュアルメッセージ

触手を伸ばし、まったりと漂うクラゲ。

透明感のあるボディは、この世の物とは思えない美しさがあります。

クラゲには「見る人を幸せな気持ちにしてくれる」ヒーリング作用があります。

失恋や失敗で傷ついた心を、もとの状態に戻してくれます。

また自由に漂っている姿には「魂の解放」という意味もあります。

チャクラが通っていき、あらゆることが活性化していきます。

悩みやしがらみに捉われて前に進めないときは、クラゲが飾ってある展示場に出かけてみましょう。

優しいクラゲがあなたの心に寄り添い、明るい気持ちになれるように導いてくれます。

「クラゲ」のスピリチュアル的な解釈

神聖な生き物クラゲには、メリットと気になる注意点もあります。

どちらも見ていきましょう。

「クラゲ」いい意味での解釈

クラゲは、ヒーラーとしての使命があります。

一緒の空間にいる人を癒し、心からなぐさめてくれます。

魂の穢れを取ってくれるため、クラゲを見ると朝の目覚めのように、リフレッシュした気持ちになります。

リラクゼーション効果が高いので、心と体が疲れたときに鑑賞してみてください。

あるべき姿に導かれて、正しい目標が見えてきます。

「クラゲ」悪い意味での解釈

神様と繋がっているクラゲは、清らかな生き物です。

ただクラゲを見て不快な気持ちになった場合は、魂の波動が弱まっている可能性があります。

クラゲには恐怖、心配、悩みというネガティブな側面もふくまれています。

長時間見ることで魂が浮遊してしまい、マイナスの気が強くなることもあります。

心地よいと思える時間だけ、クラゲとお付き合いしてあげましょう。

いい感情が戻ってきます。

まとめ

クラゲのスピリチュアルなサインを見てきました。

水中に浮かぶクラゲには、ヒーリング作用があります。

心を癒し、過去の過ちを浄化してくれます。

クラゲの良いお告げを知って、日々の生活に生かしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました