「クワガタ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「クワガタ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

夏にクワガタを見かけたのは、いつのことでしたか。

クワガタという名は、武将の兜に似ているのが由来でした。

大きな顎(はさみ)を持つのが特徴なため、子どもたちには人気の昆虫です。

都会では捕獲が難しいのですが、夏の山間部の公園や山に行けば姿を見ることができます。

そんなクワガタを見たときの、スピリチュアルな解釈を探ってみることにしましょう。

「クワガタ」のスピリチュアルでの象徴や意味

オスのクワガタは大きな顎を使って敵を倒し、餌を捕らえています。

そのためクワガタとは、勝負を象徴化したような昆虫です。

そしてクワガタは2年間、厳しい環境の土の中で幼虫やサナギとして過ごします。

そのために忍耐をも象徴している存在です。

ちなみに古代のゲルマン人は、クワガタを雷神トールの使いであると考えていました。

クワガタを頭に乗せると雷除けになり、家に言えると裁かれてしまうと信じられていたようです。

「クワガタ」のスピリチュアルメッセージ

もしもそんなクワガタが目の前に現れたなら、「あなたはこれから何かと勝負することになるよ」という意味深なメッセージです。

それはチャンスの到来である意味も含まれています。

またもう1つは「今は耐え忍ぶ時だけど、この先には良い未来が訪れるよ」というものです。

困難と直面することの注意喚起、そしてポジティブなものが含まれています。

「クワガタ」のスピリチュアル的な解釈

出会ったクワガタの様子を、注意深く観察してください。

その行動に、あなたにこれから起こる勝負やチャンスの意味が、隠されているからです。

クワガタは吉凶両面を司っているので、そのへんの見極めも必要になります。

「クワガタ」いい意味での解釈

自宅の外壁や樹木でクワガタを見つけたなら、何かのチャンスや勝負が到来すると解釈ができます。

そしてクワガタが空を飛んでいる場面は珍しいですが、それは運気の上昇を意味しているものです。

もし複数のクワガタが見つかれば、チャンスは拡大していくかもしれないし、勝負する場面が増える可能性は否定できません。

またクワガタの幼虫やサナギを見つけた場合は、あなたの人生が分岐点に来ていることの現れです。

近いうちに何か運命を左右する出来事が起こるかもしれませんよ。

「クワガタ」悪い意味での解釈

もしも捕まえたクワガタに噛まれてしまったら、近いうちに周辺でトラブルが起きる暗示になっています。

そして死んだクワガタを見ることは、自身の中に気がかりなことがあることの現れです。

どちらも問題点を洗い出すことが必要になります。

まとめ

どこかでクワガタと遭遇した場合、それは何かとの勝負やチャンスの到来が示されていました。

そして耐え忍ぶことで良い結果が生まれることも暗示されています。

クワガタを見つけたなら、そんなスピリチュアルな解釈を合わせて未来を占ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました