「コオロギ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「コオロギ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

屋外の影になった場所を見れば、無数のコオロギが住み着いていることがあります。

コオロギは綺麗な鳴き声を聞かせてくれるので、ゴキブリと違って好意的に見られている昆虫です。

スピリチュアルの観点からも、コオロギはとても縁起のよい存在となっていました。

「コオロギ」のスピリチュアルでの象徴や意味

綺麗な鳴き声が人を癒やしてくれることから、コオロギは幸せの象徴となっている昆虫です。

むかしから日本や中国では、カゴの中にコオロギを入れて鳴き声を楽しみ、癒やしとする風習があったほど気に入られていました。

自宅の庭にコオロギが住み着いていることは、幸せを運んで来たり、金運を上げることに繋がるという意味があります。

「コオロギ」のスピリチュアルメッセージ

もしコオロギが自宅にいる場合には、「あなたの家に幸せがもたらされるよ」とか「お金に困らなくなるよ」というメッセージとなっています。

マンション住みなどでコオロギと無縁でも、コオロギの鳴き声を聞くだけでも運気アップの効果がありそうです。

「コオロギ」のスピリチュアル的な解釈

現れたコオロギに対してどんな行動をするかは、幸運を得るためには重要なことです。

コオロギについて間違った行動をしてしまうと、逆に運勢は低下してしまうので気をつけてください。

「コオロギ」いい意味での解釈

もしコオロギを室内で見ることがあれば、ゴキブリとは違って幸運がもたらされる前兆となります。

幸せと金運を招くコオロギは、逃したりせずにしばらくは放置しておくのもよいです。

コオロギのコロコロ、キリキリという鳴き声を耳にすることは、ストレスを解消しリフレッシュするという意味があります。

庭から聞こえるのは最適ですが、飼育して室内に鳴き声を響かせることもポジティブな効果をもたらすでしょう。

「コオロギ」悪い意味での解釈

庭のコオロギを殺虫剤などで駆除することは、幸せや金運を遠ざけて運気を低下させることにつながります。

もし害虫の駆除をするとなった場合は、見つけたコオロギは別の場所に保護するなど、工夫してみるとよいです。

昔から東南アジアではコオロギが食用にされ、日本でも近年コオロギのお菓子などが登場してきました。

しかし慣れないコオロギはを無理に食べることは問題があり、外骨格はわずかに発がん性物質を含んでいるとの研究結果があります。

多量にコオロギを食べることは、病気を招くことにもなるのでおすすめしません。

まとめ

身近な存在であるコオロギは、幸せやお金をもたらしてくれるありがたい虫でした。

夏から秋になればコオロギの音色を耳にする機会も増えるのは楽しみです。

幸せの虫と知らなかった人も、これからはそうした視点でコオロギを見つめてみてください。

タイトルとURLをコピーしました