「ゴミ屋敷」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ゴミ屋敷」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いまやゴミ屋敷は立派な社会問題であり、時々市街地に見かけることがあります。

ゴミ屋敷を簡単に言うと、住人がゴミ処分できなくてどうにもならない状況です。

害虫や悪臭が発生し、近隣住人までも不快な気持ちを増やしてしまいます。

スピリチュアル的に見ても、ゴミ屋敷とは悪い状態を表しているようです。

「ゴミ屋敷」のスピリチュアルでの象徴や意味

一般的には駄目な人だと思われるゴミ屋敷の住人ですが、実は強迫性障害のホーディングや、ため込み症という精神疾患を患っている場合があります。

原因となるのが周りからのストレス、不安感、疎外感、罪悪感などです。

物を集めて防壁として安心できる場合が多く、周囲からゴミを集めることで心を満たしています。

しかしゴミを含めてものに対する執着が強すぎることで、悪いエネルギーでいっぱいにな状態です。

ゴミ屋敷になると虫やカビだらけだし、物を探せないし動きづらいので、運が悪い状態を慢性化させています。

周囲との対人関係も悪くなっている上、ものに付いた悪い霊まで引き寄せてしまうこともあり厄介です。

「ゴミ屋敷」のスピリチュアルメッセージ

もし周囲にゴミ屋敷があったり、自分自身がそんな状況であるなら、「悪いエネルギーが集まって来ているよ」「放置すると不幸でいっぱいになるよ」というメッセージです。

本来は早急に対処しなければいけません。

「ゴミ屋敷」のスピリチュアル的な解釈

もしも現状のゴミ屋敷状態を片付けたいという気持ちが湧いたら、それは解決に繋がっている希望の光です。

しかし片付けたくない気持ちが優先すると、ますます大変なことになるかもしれません。

「ゴミ屋敷」いい意味での解釈新たな生活の門出

すぐにゴミを手放す行動ができれば、運気を上昇させて全ての悪いエネルギーは解消に向かっていきます。

ものに付いている悪い霊も消え失せてくれるでしょう。

本当に大切なものだけを箱に積めて、残りのゴミは手放す断捨離を実行してみると良いです。

判断基準となるのは、自分にとって必要か不要か、価値があるか無いかということ。

自分ひとりで対応するのが無理なら、身近な人や行政に相談してください。

不用品回収の業者は、ゴミ屋敷の不要なものを処分するのに役立ちます。

「ゴミ屋敷」悪い意味での解釈

もしゴミが溜まった現状を放置すると、邪気と運気低下が進んで魔境のようになります。

住人はそのゴミ屋敷だけでなく、周辺の住宅地まで悪の気や不快感を増大させるでしょう。

すると地域全体の運気までも低下させ、住人の心がマイナスの波動で満たされます。

片付けたくないと思う気持ちは、対人トラブルや病気などの最悪な状況を招くことが大きな懸念です。

問題が分かっているのに見てみぬフリしたりゴミ屋敷に悪意をぶつける近所の人も、邪気が増えていてトラブルを招く人になっているので気をつけてください。

まとめ

身近にもありがちなゴミ屋敷とは、精神ケアが必要なトラブルであり、悪いエネルギーと不幸で満たされていることの現れでした。

ゴミ屋敷を解決するのは難しいこと。

しかし周囲の人の手を借りれば、解決もできるはずです。

タイトルとURLをコピーしました