「サウナ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「サウナ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

お風呂文化が発展した日本ですが、サウナ人気も上々です。

フィンランドで発祥したサウナは、サウナストーンを使って室内を高温にする蒸し風呂のこと。

日本でフィンランド式サウナが普及し始めたのは、戦後からのことでした。

そして魅力的なサウナ入浴とは、スピリチュアルな効果が極めて高いとも言われています。

「サウナ」のスピリチュアルでの象徴や意味

むかしからフィンランドでは、サウナにはトントゥという1つ目の妖精がいて、サウナと入浴する人を守護していると信じられてきました。

サウナに入ることは、体と心をととのえることです。

サウナは血行促進やストレス解消をもたらし、病気の予防にもなることが医学的にも証明されています。

体温の上昇が運気と波動の上昇に直結するとされ、発汗によるデトックスが進んで浄化されると同時に、心の邪念まで払う効果も高いものです。

そしてサウナを利用することは、気力、健康、魅力、充実感など、心身のあらゆるレベルの引き上げられます。

「サウナ」のスピリチュアルメッセージ

もしサウナに入りたい気持ちが湧いたら、「溜まっている疲れやストレスを発散して」「心身の健康を取り戻して」「低下した運気や波動を向上させて」というメッセージです。

サウナ好きな人ほど、健康的で良い気力に満ちて運が良い人になれます。

「サウナ」のスピリチュアル的な解釈

どんな風にサウナと付き合っていくかは、極めて重要なことです。

自分の心身に合わせた利用法ができれば最高ですが、逆にサウナに関連して無理をしてしまうのは良くないことを招きます。

「サウナ」いい意味での解釈

通常はサウナに行きたい気持ちが湧いてくるのは、あらゆる恩恵を受けることに繋がっていると解釈できます。

サウナはとても高温であるため、自分にとって無理がない入浴方法や利用時間にするのが一番気力、運気、健康を高める方法です。

1週間に1度程度はサウナに行くことで、心身の良い状態を保てると言われています。

そしてスーパー銭湯にサウナがある場合、入浴とサウナの両方を実施できるので満足感が高くなり、あらゆる効能を授かりやすくなるでしょう。

「サウナ」悪い意味での解釈

サウナに行きたいという気持ちを無理に抑え込んでしまうと、運気も波動も低下することになってしまいます。

またサウナでは他の人の入浴時間に無理に合わせると、運気も波動も健康状態も低下させることになるので注意してください。

またどうしてもサウナが苦手な人は、無理に体験することで良くない結果を招いてしまうので気をつけなければいけません。

まとめ

いまや世界中で人気のサウナは、健康面はもちろんスピリチュアル的にも効能をもたらすものでした。

サウナ入浴をするだけで自分のあらゆるレベルが上がるなんてすごいことです。

時々はサウナに行く習慣を見に付けても良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました